ニュース
» 2020年02月13日 15時00分 公開

陶器で作られた「青いタラバガニ」の完成度に驚きの声 脚が可動して広がる姿に「衝撃」「技術すごすぎる」

生き物の迫力を感じる陶芸作品です。

[宮原れい,ねとらぼ]

 陶器でできた青いタラバガニに「これはリアル」「技術すごすぎる」と2つの意味で驚く声が上がっています。陶器製で可動するだと……!?



陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 陶器の青いタラバガニ……!

陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 これはすごい

 片手で持てるくらいのサイズ感で再現されたタラバガニ。全身にある短い突起や、裏側(腹部)から見る脚の曲がり方など、生々しさを感じるほどのクオリティーで作られています。さらに、脚を広げる(!)ことが可能で、見た目も一気にビックサイズに。関節がしっかり機能しているのがわかりますが、陶器でこんな表現ができるとは……見れば見るほどすごい!


陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 脚を広げた姿。素晴らしい……

 作者は、陶芸家として活動している岡村悠紀/おかむ(@0kam)さん。今回の作品は、2019年9月に開催された陶芸フィギュアの展覧会「いきもの狂騒曲」にて、「自在タラバガニ」として注目を集めた作品の色違いバージョンです。ラベンダー色、白色、そして青色の“タラバガニ三兄弟”のうちの一つとして公開されました。



陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 組み付け前の動きチェックの様子

陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 発想に驚き

 Twitterでは脚が可動する様子を動画でも公開。手のひらの上で細かく動く姿は、より生き物としての躍動感にあふれていて、単なるギミックではない表現の追求の結果だとわかります。コメントでも寄せられているように、まさに陶器の「自在置物」といった感じがかっこいい。ちなみに青いタラバガニには「モンハンで見たことある(ショウグンギザミ)」や「攻殻機動隊のタチコマに見えた」といった声も上がりました。



陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 動画だと余計に生き物感が強い……!

陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 生きているように見えます

陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 顔部分の細かい表現など、至るところにこだわりを感じます

陶器 青い タラバガニ カニ 動く 脚 岡村悠紀 陶芸家 何度見ても陶器とは思えない生々しさだ……

 その完成度から陶器だとは信じられないくらいですが、粘土から成形する制作過程も公開しており、焼いて仕上げる前の真っ白な状態のタラバガニも見られます。







 岡村さんは他にも、さまざまなビジュアルの金魚など、生き物をモチーフとした陶芸作品を制作。作品が気になる人や、今後の展示情報をチェックしたい人は、岡村さんのTwitterをフォローしましょう。




画像提供:おかむ/岡村悠紀(@0kam)さん

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」