メディア
ニュース
» 2020年02月14日 20時00分 公開

懸命に手伝っているのにやる気のない子どもについ激怒…… 自身の小ささに反省した漫画が身につまされる

自分に余裕がないときは起こりがち……(反省)。

[かのん,ねとらぼ]

 常に子どもには親として平常心でいたいと思いつつも、ついつい感情的になってしまうこともある……。そんなエピソードが、小3の女の子と年長と2歳の男の子を育てる龍たまこさんのブログ「規格外でもいいじゃない!!」で紹介されています。

 たまこさんの長男「そうま」くんはもうすぐ幼稚園を卒園! ということで、「卒園文集」の原稿を親子で書くことに。しかしそうまくんは書くことが苦手でなかなか進まず、締め切りが迫ります。焦ったたまこさんはお手本を書いてあげたりアドバイスしたりしますが、どうにもこうにもやる気になれないそうまくん。

規格外

 夕方の忙しい時間帯、時間を割いて付き添っているのに「書きたくない」「めんどくさい」とやる気を見せないそうまくんの態度に、とうとう堪忍袋の尾がブチっと切れ、「もういい!」「出さなくていい!」と原稿を取り上げ、「自分でもよくわからないくらい怒ってしまった」と振り返るたまこさん。

規格外

 怒り心頭のお母さんに泣き出すそうまくん、そのやり取りを見ていた長女すみれちゃんに「そんな言い方するから余計書きたくなくなるんだよ」と大人な目線で諭されても、「だってそうまが!」と感情が高ぶったたまこさんは駄々をこねてしまいました。その後、原稿はすみれちゃんがそうまくんに付き添ってなんとかなり、たまこさんもあとからしっかりそうまくんに謝ったそうです。

規格外

 「自分の小ささを思い知った」「娘のほうが人間ができている」……と反省するたまこさんですが、子どもを思うがゆえに一生懸命なのに、肝心の本人がそれに答えてくれないもどかしさや憤りがつのり、怒りすぎと分かっていても、うまく落ち着いて客観的に自分を見ることができないとき、ありますよね。特に自分に余裕がないときは起こりがち。

規格外

 世のお母さんたちの多くが経験しているのであろうこんな出来事。筆者も身に覚えがありすぎて日々反省しきりです。母親も人間、完璧ではない、だけど失敗したら反省して次に生かせばいい……そんなことを考えさせられるエピソードなのでした。

出典:ライブドアブログ 龍たまこ「規格外でもいいじゃない!!」

規格外 規格外 規格外 規格外 規格外 規格外 規格外 規格外

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.