ニュース
» 2020年02月17日 19時30分 公開

世界が終わるまであと7日――最後の日々を過ごす少年を描いた漫画が心に刺さる(1/2 ページ)

人生を悔いなく過ごせているだろうかと考えさせられる。

[Tomo,ねとらぼ]

 世界の終わりまであと7日。そんな中で過ごす若者を描いた漫画「世界が終わる7日間の物語」が、考えさせられる内容で反響を呼んでいます。作者は漫画家のにしもとのりあき(@nishimotta)さん。

 太陽系がブラックホールに飲み込まれるとして、国連が世界の終わりを宣言してから5年。世界が終わるまであと1週間に迫りました。日本政府は国民に自死薬を配布。主人公のナツは友達のじゅん、さつきと一緒に過ごしていました。

もうすぐ終わってしまう世界が舞台のお話

 暴力を振るう親がいない今のほうが生きやすいというナツ、未来があるから我慢していたことに気付いたというじゅん。そんな2人に「最後まであんたらと一緒におれて楽しかったわ」と言い残してさつきは自死薬を自身に投与します。

 学校へ行き、じゅんと遊び、母親代わりの叔母と過ごし、授業を続けていた先生と最後のあいさつを交わし……周りの人とこれまで言えなかった思いを伝え合い、1日1日を送るナツ。じゅんはこの世を去り、叔母も旅立っていきます。

 1人になったナツに、叔母が残したのは母親の居場所を記した手紙。ナツの母親は離婚して精神的に追い詰められ、暴力を振るうように。そんな事情から叔母はナツを引き取ったのです。母親はナツを気にかけていたと伝え、「もしナツがいいのならお母さんに会ってあげて」と言い残した叔母。そして世界は最後の日を迎え――。

叔母がナツに願ったのは……

 同作はにしもとさんが「世界の終わり」をテーマにした合同誌に掲載したもので、Twitterでは7日間に渡って毎日投稿されました。主人公はどうなるのか、本当に世界は滅びるのかと、続きが気になってグイグイと引き込まれます。読み終わった後は、自分だったら世界の終わりまでをどう過ごすだろうか、今世界が終わっても悔いのないように過ごせているだろうかと、いろいろなことを考えたくなります。

 読者からも「7日分読んでもっと人とのかかわりを大切にしたいと感じました」「人との一瞬の出来事一瞬の事を大事にしなきゃいけないなって感じた」と、日々を大切に過ごしたいという感想が寄せられています。

 作者のにしもとさんは講談社ちばてつや賞などを受賞し、子ども、笑い、弱さをテーマにした作品を手掛けています。受賞作品は、にしもとさんの公式サイトで読むことができます。

「世界が終わる7日間の物語」

1日目

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」