メディア
ニュース
» 2020年02月17日 15時38分 公開

「全自動ルービックキューブ」の進化が魔法のよう 宙に浮きながら自ら回って色をそろえる

かっこよくてかわいらしくていとおしい。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2月15日〜16日開催の「Tsukuba Mini Maker Faire 2020」で出展された、「宙に浮く全自動ルービックキューブ」に驚きの声が上がっています。文字通り、浮きながら勝手に回転し、色をそろえていくルービックキューブで……いったい、これどうなってんの!?



全自動ルービックキューブ 釣られてもいなければ下から支えられている様子もないが、わずかに浮いている

全自動ルービックキューブ

全自動ルービックキューブ モーター音とともに回転

全自動ルービックキューブ 少しずつ色がそろっていく

全自動ルービックキューブ ときどき考え込んでいるかのように、少し手を止めるのがかわいい

 2016年からDMM.make AKIBAでルービックキューブ型ロボットを開発している、蕪木孝さんの作品。色を崩して放置しておくと、内蔵のモーターが回転し、色をそろえようと自動で動きます。詳細は非公開で、浮く仕組みは断定できませんが、下に敷かれた白い板に秘密がありそう。




 この不思議な様子を来場者のサカン(@wyrm06)さんが「目を疑うんですが」とTwitterで紹介したところ、広く拡散。「未来を感じる」「魔法使いの世界」「インテリアとして欲しい」など、感心する声が多数寄せられています。



画像提供:サカン(@wyrm06)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.