ニュース
» 2020年02月18日 15時54分 公開

『めばえ』付録の「アンパンマンドラムセット」をプロが演奏 幻想的な世界に誘う7拍子の机上エレクトロニカ

無限ループしたい心地よさ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 プロミュージシャンがアンパンマンのドラムセットを演奏した動画がかっこよすぎて聴き惚れてしまいます。



 「7拍子の机上エレクトロニカ」として投稿されたわずか52秒の演奏動画には、豊かな創造力がつまっています。聞き手を幻想的な世界に誘う電子サウンドとは裏腹に、演奏場所は簡素なちゃぶ台の上。さらに驚きなのは、演奏機材として児童雑誌『めばえ』3月号の付録「アンパンマン ハイパードラムセット」が用いられていることです。

 演奏者はフリーランスの音楽家つくもや(@tsukumoyaren)さん。独創的な機材の組み合わせに「あなたの創造力は無限だ」「おもちゃのドラムでもこんなにいいサウンドになるんですね」と海外からも称賛のコメントが寄せられています。


『めばえ』付録で机上エレクトロニカ おもちゃドラムセットの変拍子が最高にかっこいい 美しいスティックさばき(画像はYouTubeより)

『めばえ』付録で机上エレクトロニカ おもちゃドラムセットの変拍子が最高にかっこいい 何度ループしても聴き入るサウンド(画像はYouTubeより)

 ちなみに各機材の販売価格は、ポータブルシンセサイザー「OP-1」が約15万円、『めばえ』3月号が800円です。ビジュアル上は(不思議と)お茶の間にマッチした組み合わせですが、この価格差は衝撃的……。音楽の美しさは楽器の値段だけでは決まらないと教えてくれる素晴らしい作品といえるでしょう。




画像提供:つくもや(@tsukumoyaren)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」