ニュース
» 2020年02月18日 15時54分 公開

『めばえ』付録の「アンパンマンドラムセット」をプロが演奏 幻想的な世界に誘う7拍子の机上エレクトロニカ

無限ループしたい心地よさ。

[関口雄太,ねとらぼ]

 プロミュージシャンがアンパンマンのドラムセットを演奏した動画がかっこよすぎて聴き惚れてしまいます。



 「7拍子の机上エレクトロニカ」として投稿されたわずか52秒の演奏動画には、豊かな創造力がつまっています。聞き手を幻想的な世界に誘う電子サウンドとは裏腹に、演奏場所は簡素なちゃぶ台の上。さらに驚きなのは、演奏機材として児童雑誌『めばえ』3月号の付録「アンパンマン ハイパードラムセット」が用いられていることです。

 演奏者はフリーランスの音楽家つくもや(@tsukumoyaren)さん。独創的な機材の組み合わせに「あなたの創造力は無限だ」「おもちゃのドラムでもこんなにいいサウンドになるんですね」と海外からも称賛のコメントが寄せられています。


『めばえ』付録で机上エレクトロニカ おもちゃドラムセットの変拍子が最高にかっこいい 美しいスティックさばき(画像はYouTubeより)

『めばえ』付録で机上エレクトロニカ おもちゃドラムセットの変拍子が最高にかっこいい 何度ループしても聴き入るサウンド(画像はYouTubeより)

 ちなみに各機材の販売価格は、ポータブルシンセサイザー「OP-1」が約15万円、『めばえ』3月号が800円です。ビジュアル上は(不思議と)お茶の間にマッチした組み合わせですが、この価格差は衝撃的……。音楽の美しさは楽器の値段だけでは決まらないと教えてくれる素晴らしい作品といえるでしょう。




画像提供:つくもや(@tsukumoyaren)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ