ニュース
» 2020年02月18日 16時51分 公開

ネタ投稿「見て!サボテンが踊っているよ」が超拡散 → ウィーン会議や「見えざる手」に派生して大喜利化(1/2 ページ)

ネットミーム誕生。

[関口雄太,ねとらぼ]

 「サボテンが愉快に踊るも、ネット民が争っているせいで踊るのをやめてしまう」というツイートが広く拡散され、たくさんの人が同様のネタを投稿して派生的に広がる現象が起きています。




サボ

 ネタの本流は、日頃からおふざけツイートをしているという川崎(@_rotaren_)さんによるもの。ツイートの前半はサボテンの絵文字と左右についた丸括弧で動くサボテンを表現し、その下には「見て!サボテンが踊っているよ かわいいね」と文章が続き、和やかな雰囲気です。わずかにスペースを空けた後半では、サボテンの絵文字がぽつんと静かに置かれているのでした。続く文章には「みんながインターネットで争ってばかりいるので、サボテンは踊るのをやめてしまいました お前のせいです あ〜あ」とあります。たった1つのツイートで自らのネットでの振る舞いを振り返りたくなる物語が広がっています。

 この川崎さんのツイートには投稿から約1日で約7万3000回リツイートされ、約26万5000件のいいねが寄せられました。リプライでは、大量の「踊るサボテン」で応える人や「おどって!ごめんなさい!おどって!」と謝罪するなどの反応が見られます。

 広く拡散されたことで、このツイートは新しい形で広がり、インターネット・ミームとして定着しそうな様子を見せています。サボテンを手のひらに置き換えて、「見て!アダムスミスの見えざる手が動いているよ」と市場経済の調整機能とされるアダム・スミスの「見えざる手」を表現したり、国旗と人の姿に置き換えて「見て!会議が踊っているよ」と「会議は踊る、されど進まず」のフレーズで知られる「ウィーン会議」を表現したりする人が現れるなど、形を変えて拡散を続けています。また、診断メーカー「見て!○○が踊っているよ」が登場しており、広がりを後押ししているようです。




 また、踊るサボテンと聞いて「ファイナルファンタジー」シリーズに登場するモンスター「サボテンダー」を思い出す人もいるようです。



 ねとらぼ編集部が川崎さんに話を伺ったところ「元ネタとかは特になく、いつもこういうその場の思いつきのおふざけのツイートしかしてないので今回だけ爆発的に伸びて驚いています」と本人も予期しない広がりだったようです。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」