ニュース
» 2020年02月18日 16時57分 公開

カンニング行為検知AIをユーザーローカルが開発 試験中の映像から怪しい動作を見つけ出す

受験者の動作で不正行為を自動で検知します。

[関口雄太,ねとらぼ]

 ユーザーローカルは2月18日、カンニング行為を自動検知するAI技術を開発したと発表しました。


動作の異常からカンニング行為を自動検知 ユーザーローカルがAI技術開発を発表 動作の異常を自動検知する

 本技術はリアルタイムでカンニングの疑いがある受験者を検知するというもの。教育機関向けに開発されており、大学入試や国家試験などでの利用を想定しています。ディープラーニングによる行動推定技術を採用することで、受験者の姿勢・骨格・視線などのデータをもとに不正行為を自動検知します。

必要な機材はAI端末とWebカメラのみで、手軽に導入が可能。近年はスマートフォンや携帯電話を使ったカンニング行為や、試験監督者の人手不足が問題となっており、テクノロジーによる解決が期待されます。

 本技術は受験者のプライバシーに配慮した設計となっており、Webカメラで取得した映像はクラウドではなく現地の端末内で処理されます。また、不正を行っていない受験者の顔は自動的にマスキング処理が行われる仕組みです。


動作の異常からカンニング行為を自動検知 ユーザーローカルがAI技術開発を発表 通常は受験者の顔を隠すことができる

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.