メディア
ニュース
» 2020年02月19日 22時15分 公開

コクミンドラッグ、「中国人客に高額商品とマスクを抱き合わせ販売」報道受けコメント

マスク購入者に対して誤解を招く恐れのある販売方法を行っていたことが確認されたとコメントしています。

[ねとらぼ]

 ドラックストアチェーン「コクミンドラッグ」を運営するコクミンは、同チェーンで中国人客を対象に高額商品とマスクを抱き合わせ販売していたとする報道を受けてコメントを発表しました。

コクミンのコメント

 週刊文春の記事によると、同チェーンでは外国からの観光客の多い店舗で、500円程度のマスクを強壮剤や化粧品などとあわせて9000円前後で販売しており、誤って日本人客にも販売したためクレームにつながったとのこと。同誌に対してコクミンは「マスクや風邪薬の購入者に早期治癒のため栄養ドリンクを勧めるよう督励している」「一部の店舗で販売の工夫というレベルで誤解を招く恐れのある販売をしていた」と答えています。

 コクミンはこの記事を受けた発表文で、コクミンドラッグの一部店舗で、マスク購入者に対して誤解を招く恐れのある販売方法を行っていたことが確認されたとコメント。発覚後このような販売方法の中止を店舗に通達しており、社内調査終了後は再発防止策として販売方法の見直し、教育の強化を行うとしています。「このたびはご心配をおかけいたしまして誠に申し訳ございません」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.