ニュース
» 2020年02月20日 15時45分 公開

「ついに余命宣告されてしまった」「あの音ともお別れ……(泣)」 元祖「省エネ電車」JR西日本201系が引退 (1/2)

国鉄型がまた1つ引退します。でも、転用計画には疑問の声も。

[呼んでる渋沢,ねとらぼ]

 西日本旅客鉄道(JR西日本)は2月19日、2020年度から2023年度にかけてJR京都線とJR神戸線などに新型車両「225系」を投入し、併せて大和路線とおおさか東線で運行する国鉄型電車「201系」の運行を順次終了すると発表しました。

201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 引退が決定した201系(写真:呼んでる渋沢)
201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄

ついに引退へ……201系 省エネとサウンドが特徴の国鉄型通勤電車

 201系は1979年に登場した通勤型電車です。電力消費量を抑える仕組みを採用したことから「省エネ電車」と呼ばれました。関東では中央線や京葉線で活躍し、2010年に引退(関連記事)。関西では2020年2月現在も大和路線とおおさか東線で運行しています。

 201系は「音」も人気です。走行中に聞こえる「ブー」という音や、発車時に一部の車両から聞こえる「ヒューン」という音、通称「ジェット音」に聞き覚えがある人も多いでしょう。

神戸線の新車が大和路線に影響? 複雑な転用計画をおさらい

 201系の置き換え計画は少し複雑です。順に読み解いていきます。

  1. JR京都線とJR神戸線に新型車両の225系を追加投入
  2. 225系の投入で余った221系電車を大和路線とおおさか東線に転用
  3. 転用した221系を201系と置き換え

 ……このように複数の路線と車両を巻き込んだ大規模な転用計画です。225系は2020年度から2023年度にかけて全144両を順次投入します。

201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 転用車両と関連路線(JR西日本プレスリリースより
201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 投入予定の225系(写真:呼んでる渋沢)
201系 JR西日本 おおさか東線 大和路線 JR京都線 JR神戸線 電機子 チョッパ ジェット 音鉄 活躍の場を移す221系。新型車両と同水準の車内機能に更新する(写真:呼んでる渋沢)

ファンからは国鉄型電車の引退を惜しむ声、一方で疑問の声も

 この転用計画の発表で、Twitterでは「ついに201系が余命宣告されてしまった」「あと3年くらいか」と201系の引退を惜しむ声が上がっています。

 一方で、大和路線などに直接新型車両を投入しないことや、201系の置き換えが他の古い車両より先であることに対して疑問を感じる鉄道ファンも多いようです。

 225系の導入とともに、201系は押し出されるように少しずつ姿を消し、2023年度に完全引退するようです。見納めというにはまだまだ早いですが、余命宣告されたような201系をゆっくりと見送るためにも、早いうちから乗車、撮影などを忘れずにしておきたいですね。


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.