メディア
ニュース
» 2020年02月21日 14時20分 公開

世界初「コオロギビール」登場 こだわりの国産コオロギが生み出す苦味とコク、キャラメルの香り

3月15日〜18日、渋谷パルコで初お目見え。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 世界で初めてコオロギを原料に使ったクラフトビール、「コオロギビール」が開発されました。3月15日から18日まで、渋谷パルコのショップ「COMINGSOON」で限定販売されます。


コオロギビール 渋谷パルコ1階の“食のニューススタンド”「COMINGSOON」で期間限定販売

 昆虫食の研究・開発を手掛けるANTCICADA(アントシカダ)と、岩手県の醸造所「遠野醸造」が協力して製造したビール(ダークエール)。原料の国産フタホシコオロギは、室温や湿度管理を徹底した最適な環境下で育てられたのち、ていねいな洗浄と熱処理が加えられており、安全に食べられるとしています。


コオロギビール

 製造においては、ていねいに焙煎したフタホシコオロギとローストモルトを麦汁に加え、コオロギの香りとうま味を存分に引き出したとのこと。気になる風味については、「コーヒーやカカオ、カモミールのような香りが先行し、口に含むと苦味とコク、キャラメルの香り」と説明されています。つまみにはビターチョコやコーヒーナッツ、ドライフルーツがよく合うそうです。


コオロギビール

 また、コオロギビール製造時に残ったビール粕をコオロギに与えたところ食い付きが良く、収穫した後の味も優れていたとのこと。そこから、ビール粕をエサにしたコオロギをもとにビールを製造し、出た粕でまたコオロギを育てる、循環型ビールの開発も進められています。

 ANTCICADAはこれまでもコオロギを使ったラーメンやしょうゆなどを開発。4月には日本橋馬喰町にレストランをオープンする予定です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.