コラム
» 2020年03月05日 20時00分 公開

【マンガ】自分の容姿が嫌い→そっくりな我が子の顔がかわいいと思えない 克服して“もう1つうれしかったこと”(1/2 ページ)

自分に似ているがゆえに、自分の子どもを愛せない“イグアナの娘コンプレックス”

[直江あき,ねとらぼ]

 私は昔から漠然と「子どもは欲しいけど、自分に似てほしくないなぁ……」と思っていました。

 一重まぶたで低い鼻の自分の顔がコンプレックスでした。一方、夫は二重に高い鼻。子どもは自分ではなく、夫に似てほしいと切実に願っていました。



ライター:直江あき(ブログ:気ままに夢見る記

ライター・漫画家。早稲田大学教育学部卒。一児の母です。ブログ「気ままに夢見る記」に漫画などをアップしていきたいと思っている。











自分に似ているがゆえに、自分の子どもを愛せない『イグアナの娘』









 妊娠中の愛読書は萩尾望都の『イグアナの娘』。同作には、自分の娘の姿が醜いイグアナにしか見えず、冷たく当たる母親が登場。その娘は母親そっくりな顔をしていて、実は“自分の子どもが自分とよく似ているがゆえに、愛せなかった”という展開になっています。

 私もこうなってしまうのではないか、いやいやフィクションだし……とあれこれ考えていた最中、読んでいた育児書にこんな説明があるのを見つけました。

「子どもの器量、不器量が親の子どもへの態度にかなり影響することは研究者によって明らかにされている。ある研究では、一般的に母親は不器量な赤ちゃんよりもかわいい赤ちゃんの面倒をよく見るという結果が出ている」

『子育ての大誤解 重要なのは親じゃない』(早川書房/2017)

 『イグアナの娘』は本当にあることなんだと恐ろしくなりました。自分はそうならないようにしなくてはと、強く心に決めました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む