コラム
» 2020年03月05日 20時00分 公開

【マンガ】自分の容姿が嫌い→そっくりな我が子の顔がかわいいと思えない 克服して“もう1つうれしかったこと”(1/2 ページ)

自分に似ているがゆえに、自分の子どもを愛せない“イグアナの娘コンプレックス”

[直江あき,ねとらぼ]

 私は昔から漠然と「子どもは欲しいけど、自分に似てほしくないなぁ……」と思っていました。

 一重まぶたで低い鼻の自分の顔がコンプレックスでした。一方、夫は二重に高い鼻。子どもは自分ではなく、夫に似てほしいと切実に願っていました。



ライター:直江あき(ブログ:気ままに夢見る記

ライター・漫画家。早稲田大学教育学部卒。一児の母です。ブログ「気ままに夢見る記」に漫画などをアップしていきたいと思っている。











自分に似ているがゆえに、自分の子どもを愛せない『イグアナの娘』









 妊娠中の愛読書は萩尾望都の『イグアナの娘』。同作には、自分の娘の姿が醜いイグアナにしか見えず、冷たく当たる母親が登場。その娘は母親そっくりな顔をしていて、実は“自分の子どもが自分とよく似ているがゆえに、愛せなかった”という展開になっています。

 私もこうなってしまうのではないか、いやいやフィクションだし……とあれこれ考えていた最中、読んでいた育児書にこんな説明があるのを見つけました。

「子どもの器量、不器量が親の子どもへの態度にかなり影響することは研究者によって明らかにされている。ある研究では、一般的に母親は不器量な赤ちゃんよりもかわいい赤ちゃんの面倒をよく見るという結果が出ている」

『子育ての大誤解 重要なのは親じゃない』(早川書房/2017)

 『イグアナの娘』は本当にあることなんだと恐ろしくなりました。自分はそうならないようにしなくてはと、強く心に決めました。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10