ニュース
» 2020年02月21日 20時00分 公開

え、プレステのアレ!? 米海軍の無人水上艇、そのオペレーターが手にするものは…… (1/2)

使いやすいとは思います。

[イニシャルY,ねとらぼ]

 米海軍が無人水上艇を海軍基地の警備に活用するテストの様子がYouTubeで公開されました。動画にはカメラを遠隔操作するオペレーターが登場していますが、手に持っているのは……ひょっとしてアレ?

フォト 自律的に航行できる米海軍の無人水上艇「CUSV」(米国防総省提供)

 テストは2月12日、世界最大の海軍基地である米バージニア州のノーフォーク海軍基地で実施。基地を脅かす恐れのある不審船を無人艇で食い止めるのが目的です。

 実験に使ったのは、米海軍が開発する「CUSV」(Common Unmanned Surface Vehicle)と呼ばれる無人艇。全長は約12メートルで、機関銃で武装しています。

 実験では、陸上にオペレーターがカメラで不審船を確認し、CUSVに不審船に向かうように指示。CUSVは自律的に不審船に近づき、スピーカーから警告を発した上で、模擬的な攻撃をして不審船を停止させ、カメラで船の様子を調べたとのことです(米NavyTimesの記事)。

 ちょっと驚くのは、カメラを遠隔操作するスタッフが手にしているデバイス。おなじみのボタン配置から、家庭用ゲーム機「プレイステーション4」のコントローラー(DUALSHOCK 4)であることが分かります。

フォト カメラを操作する陸上オペレーターが手にしているのは……(米国防総省提供)
フォト どう見てもデュアルショックです(YouTubeより)
フォト 市販されているDUALSHOCK 4の「ブルー・カモフラージュ」モデルのようです。海軍っぽい

 米海軍の新鋭潜水艦「コロラド」でも、潜望鏡の操作に「Xbox」のコントローラーを流用していることが話題になりました(産経新聞の記事)。扱いやすく汎用性も高いためか、ゲーム用コントローラはこうした用途に向いているようです。

 CUSVは警備兵の危険を減らすなどのメリットがあり、現時点で実際に配備できる状態に非常に近いとのことです。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10