メディア
ニュース
» 2020年02月22日 18時00分 公開

“保護猫と家族になる“ 猫と人の距離が縮まっていくマンガに心がじんわり 保護猫と暮らすためのヒントが詰まってる (1/2)

「猫と暮らしたい」と思った時に読みたい1冊。

[三日月影狼,ねとらぼ]

 最近よく耳にする「保護猫」とは、外で暮らしていたところを保護され、家族として迎えてくれる人を待っている猫のこと。2月17日に日東書院本社から発売された『まんがで読む はじめての保護猫』は、保護猫を家族として迎えたいと考えている人、はじめて保護猫を自宅に迎えようとしている人に向けた、情報とヒントが詰まった1冊です。


まんがで読む はじめての保護猫表紙 「保護猫をお迎えしたい!」という方に


鈴木とシャルロット夜鳴き 新しい家族がやってきた

 同書では、保護猫を迎えたさまざまな家庭のエピソードを漫画で紹介。夜鳴きやいたずらに悩むケースや、保護猫を迎えたことでストレスを感じてしまう先住猫の話、やっと懐いてくれた保護猫とのやりとりなど、保護猫を迎えるときにありがちな事例を描いています。「こんな事がうちでも起こるかもしれない……」と知っておくだけでも、保護猫を迎えるための心構えができそうです。


鈴木とシャルロット眠る猫 迎えてすぐは、夜鳴きに悩まされることも


ジュリちゃんとまめちゃん1コマ 家族が増えることは先住猫にとっても一大事です


ジュリちゃんとまめちゃん1コマ やっと懐いてくれた喜びも

専門家の監修コラムも多数掲載

 エピソードに沿った専門家監修のコラムも収録されており、保護猫を迎える上での疑問に答えます。「出会い方」「迎える準備」「先住&新参仲よし大作戦」「脱走防止と捜索方法」など、知っておきたいポイントをイラストで分かりやすく紹介。新しい家族を迎える上で確認しておきたい情報や、問題解決のヒントが紹介されています。


「保護猫との出会い方」1 保護団体には各種制限があることも


「保護猫を迎える準備1」1 最初はケージがあったほうがいいそう

 1匹1匹、見た目も性格も全く異なる保護猫たちと家族になるのは簡単なことではありません。『まんがで読む はじめての保護猫』は、保護猫を迎える飼い主の心の持ち方に焦点を当て、保護猫に関する情報をまとめた1冊です。価格は1300円(税別)、Amazon他、全国の書店で販売中です。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.