ニュース
» 2020年02月22日 19時30分 公開

憧れていた同じ中学の子と久しぶりに再会する漫画 女の子2人のなんとも言えない距離感が刺さる(1/2 ページ)

あの頃感じた同性へのあこがれを思い出す。

[Tomo,ねとらぼ]

 中学の同級生と久しぶりに会ったら、不登校になっていた――2人の女子高生を描いた漫画「She is my longing どうけいのひと」が「ノスタルジーを感じる」「リアル」と好評を博しています。作者は『木々は春』などを手掛ける漫画家の中陸なか(@nakaoka729390)さん。

 中学の同級生、キサから呼び出されたヒナ。平日なのに私服で待ち合わせに現れたキサは、最近学校に行っていないと告白します。

すごく仲が良かったわけではない2人、はじめは微妙な空気……?

 2人は中学では同じグループにいたけれど、それぞれ別の人と仲がよく、2人で食事をするのは初めて。そんな間柄でなぜ自分に連絡したのかといぶかるヒナに、キサは学校に行かなくなったいきさつを話します。先輩の嫌がらせからバドミントン部をやめ、学校にも行かなくなったこと。長年頑張ってきたバドミントンを投げ出してしまい、「今までやってきたことはなんだろう」と同じことばかり考えてしまうこと。

 そんな中でキサが思い出したのは、ヒナが憧れの先輩に告白した出来事。「あれこれ考えずにすぐ動ける」ヒナがうらやましいというキサは、ヒナに会えば悩みのループから抜け出せるのではないか――という思いがあったと打ち明けます。そんな理由で呼び出したことを謝るキサに、ヒナは、かっこいいと憧れていたキサが自分に連絡をくれたことがうれしかったと素直な気持ちを伝えたのでした。

すぐに行動できるヒナをすごいと思っていたキサ

 すごく仲が良かったわけではない2人。けれどもヒナはキサのクールさに憧れ、キサはヒナの迷いのなさをうらやましく思い、互いに自分にない部分を好もしく思っていました。その近くはないけど遠くもない、なんとも言えない距離感が印象的。2人のその先をさまざまに想像したくなる、余韻が残る物語です。

 読者からは「この年独特の、もう戻れない時代にノスタルジーを勝手に感じて、恋愛ではなく同性への憧れというのも本当痛いほど共感できて…とにかく最高でした」「キサの糸が切れた最終的なきっかけや2人が話す内容など、リアルに描かれていて見応えがありました」「透明感ある作品で、うまくいえないけど、とても綺麗で、すきだな」といった感想が寄せられています。

She is my longing どうけいのひと

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙