ニュース
» 2020年02月22日 17時05分 公開

新型コロナウイルス対応の医療関係者、職場で「バイ菌」扱い 学会が不当な扱いに抗議

子どもの登園自粛や、現場で活動したことに謝罪を求められるといったケースも。

[ねとらぼ]
抗議 声明文

 日本災害医学会は22日、新型コロナウイルスに対応した医療関係者が職場内外で不当な扱いを受けているとして抗議し改善を求める声明を出した。

 声明では職場において「バイ菌」扱いされるなどのいじめ行為や、関係者の子どもの保育園や幼稚園から登園自粛を求められる事態、さらに職場管理者に現場活動したことに謝罪を求められるなどといったケースが報告されている。

 学会に所属する医療関係者は武漢からのチャーター便による帰国者の一時的な隔離施設やダイヤモンド・プリンセス号での健康管理および相談、医療救護班活動、重篤化する症例の搬送業務、搬送調整業務、処方薬調整、外来や入院患者さんの対応などに尽力してきた。

 しかし、当事者たちから悲鳴に近い報告が寄せられ、今回の声明を発表するに至ったという。「同じ医療者として看過できない行為であります。もはや人権問題ととらえるべき事態であり、強く抗議するとともに改善を求めたいと考えます」「偏見や先入観に基づく批判が行われることは決して許されず、また万が一健康被害が発生した際の補償に不安がないような対応を、広く社会に求めます」と訴えている。

抗議 学会に所属する医療関係者も従事したダイヤモンド・プリンセス号

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.