ニュース
» 2020年02月25日 13時45分 公開

魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場

ファンタジー好きにはたまりません。

[関口雄太,ねとらぼ]

 本棚に奇妙で幻想的な雰囲気をもたらしてくれるアイテム「ウィザード・アリー・ブックヌーク(本の隅にある魔法使い路地)」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 幻想的な路地(画像はKickstarterより)

魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 実用的なブックエンド(画像はKickstarterより)

 「ウィザード・アリー・ブックヌーク」は、魔法使いの世界をモチーフにしたデザインのブックエンド。不思議な世界観を楽しむだけでなく、本の仕切りとして使うことができます。不思議な色合いの照明や店構えから、日常を離れた雰囲気が漂っています。看板には「邪悪な魔法使いの衣服」と書かれており、魔法の世界に関連したアイテムを取り扱う店が並んでいるようです。路地にひっそりと置かれたツボは、不気味なエメラルドグリーンに輝きます。


 お店に近づいて中をのぞき込むとそこには、調合器具のようなものや立てかけられたわらぼうきが。遠目に見るとおしゃれなインテリア小物ですが、近づいて見たときには細部へのこだわりに心が躍ります。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 お店の中まで作り込まれている(画像はKickstarterより)

 サイズは本棚に収まりやすいサイズとなっており、ライトはスイッチによるオン・オフ式。オプションアイテムとして、色違いの照明や看板が用意されており、カスタマイズして楽しむことができます。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 追加アイテムで雰囲気を変えられる(画像はKickstarterより)

 支援価格は159ドル(約1万8000円)からとなっています。日本への発送も行っており、送料は1セット56ドル(約6200円)、2セットで66ドル(約7300円)です。製品の80%はハンドメイドなので、個々のばらつきや仕上がりには違いがあるとのこと。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「竜とそばかすの姫」レビュー 危険すぎるメッセージと脚本の致命的な欠陥
  2. 笠井アナ、日比谷公園で「信じられないことが…」 サンドイッチを狙う集団に「何? えーっ! まさか、それはないでしょ!」
  3. 62歳の宮崎美子、マクドナルドCMで初々しい中学生少女を見事に演じる 「暖かい目でぜひ見てください」
  4. 瀕死のスズメのヒナを助けたのに…… 「助けたヒナたちに完全にナメられた」動画がほほえましくて面白い
  5. ハート打ち抜かれました! コロンビアのアーチェリー女子選手が「かわいい」「エルフ」と注目の的に
  6. 散歩中のラブラドール、助けを求める子猫を発見→保護 親子のような仲むつまじいふたりに涙が出る
  7. 宮迫博之、美容整形から2週間のビフォーアフター公開 手術直後の腫れ&炎症だらけな顔に「暴漢に遭ったんかって」
  8. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  9. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  10. 「本人にしか見えない」「めっちゃ似てる」 霜降り明星せいや、オリンピック開会式に“ガチのそっくりさん”を発見する