ニュース
» 2020年02月25日 13時45分 公開

魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場

ファンタジー好きにはたまりません。

[関口雄太,ねとらぼ]

 本棚に奇妙で幻想的な雰囲気をもたらしてくれるアイテム「ウィザード・アリー・ブックヌーク(本の隅にある魔法使い路地)」がクラウドファンディングサイト「Kickstarter」に登場しました。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 幻想的な路地(画像はKickstarterより)

魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 実用的なブックエンド(画像はKickstarterより)

 「ウィザード・アリー・ブックヌーク」は、魔法使いの世界をモチーフにしたデザインのブックエンド。不思議な世界観を楽しむだけでなく、本の仕切りとして使うことができます。不思議な色合いの照明や店構えから、日常を離れた雰囲気が漂っています。看板には「邪悪な魔法使いの衣服」と書かれており、魔法の世界に関連したアイテムを取り扱う店が並んでいるようです。路地にひっそりと置かれたツボは、不気味なエメラルドグリーンに輝きます。


 お店に近づいて中をのぞき込むとそこには、調合器具のようなものや立てかけられたわらぼうきが。遠目に見るとおしゃれなインテリア小物ですが、近づいて見たときには細部へのこだわりに心が躍ります。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 お店の中まで作り込まれている(画像はKickstarterより)

 サイズは本棚に収まりやすいサイズとなっており、ライトはスイッチによるオン・オフ式。オプションアイテムとして、色違いの照明や看板が用意されており、カスタマイズして楽しむことができます。


魔法使いが買い物をしていそうな裏路地 あやしいブックエンドがクラファンに登場 追加アイテムで雰囲気を変えられる(画像はKickstarterより)

 支援価格は159ドル(約1万8000円)からとなっています。日本への発送も行っており、送料は1セット56ドル(約6200円)、2セットで66ドル(約7300円)です。製品の80%はハンドメイドなので、個々のばらつきや仕上がりには違いがあるとのこと。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン