メディア
ニュース
» 2020年02月26日 19時00分 公開

「センスありすぎでは?」 岩波文庫そっくりの「結婚式の席次表」がレトロかわいい

新しい物語をどんどん綴ってほしい。

[ねとらぼ]

 四角い「結婚披露宴」のタイトルに、手を取り合って踊る男女の挿絵……。一見、岩波文庫の本に見える、結婚式の「席次表」がTwitterで話題になっています。

 ヨーロッパの古典文学のような、どこかロマンチックな物語をイメージさせるこの席次表を作ったのは、新婦の渡辺ちひろさん(@cojiromaru)。本物そっくりのレトロなデザインに加え、著者や訳者の名前が入る部分には新郎新婦の名前、あらすじが入る部分には2人のあいさつと、遊びごころも満載です。

岩波文庫風席次表 岩波文庫そっくりの席次表。こんな本、本当にありそう……!(画像提供:やまおかさん

 大学の文学部で出会ったというちひろさんの結婚式は、新郎との共通の趣味の「読書」がテーマ。ちひろさんは、岩波文庫風の席次表の他にも、ブックマーク風の席札、洋書風の招待状などのペーパーアイテムを自らデザインしています。

岩波文庫風席次表 当日は、席次表と共にブックマーク風の席札も置かれました(画像提供:渡辺ちひろさん
岩波文庫風席次表 招待状は洋書風のデザインに(画像提供:渡辺ちひろさん
岩波文庫風席次表 結婚式場には本を積み重ねたデコレーションも(画像提供:渡辺ちひろさん

 中でも岩波文庫風の席次表は、妻が結婚式に参列していたというやまおかさん(@taro0604)が「センスありすぎでは?」と写真をツイートしたことから話題に。「最高です!」「銀婚式や金婚式における重版というものも、将来拝見してみたいなあ」など、そのアイデアを称賛するコメントが送られているほか、「元ネタ」の岩波文庫編集部(@iwabun1927)も、「素敵な結婚式ですね。どうか末永くお幸せに」と祝福のコメントを寄せています。

 表紙のフォントやレイアウト、句読点までを岩波文庫風にしたという席次表は、中身にもこだわりが。メニューは目次風に、2人のプロフィールは著者近影風に、最後のページには「万が一、落丁・乱丁などがございましたら新郎新婦より誠意を込めてお取替えいたします。お手数ですが、高砂までお声がけくださいませ」と書かれた奥付もついています。

岩波文庫風席次表 目次風のメニュー(画像提供:やまおかさん
岩波文庫風席次表 著者近影と奥付も(画像提供:やまおかさん

 結婚前までは営業職だったというちひろさんは、今後は紙もののデザインをする仕事に就きたいという希望が。結婚式と共に、仕事の面でも新たな道に踏み出そうとしていたタイミングで席次表が話題になったことに驚きつつ、「こんな形で色んな方のいいね! をもらう機会が得られて本当に嬉しいです!」と、喜びのコメントを寄せています。

画像提供:渡辺ちひろさんやまおかさん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.