ニュース
» 2020年02月26日 09時00分 公開

歌川広重と喜多川歌麿がモチーフ 万年筆用インク「浮世絵インク」第2弾登場

ガラスペンみたいなつけペンでも楽しみたい。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 ナカバヤシの高級筆記具ブランド「TACCIA(タッチア)」から、万年筆用インク「浮世絵インク」シリーズ第2弾が2月下旬に発売です。全8色、各1600円(税別)です。

インク沼 万年筆 文具女子 歌川広重作品モチーフの「浮世絵インク」

 それぞれの浮世絵師の作品から着想を得た、インクシリーズの第2弾。第1弾の葛飾北斎と東洲斎写楽に続き、歌川広重と喜多川歌麿の作品をモチーフにしています。

インク沼 万年筆 文具女子 喜多川歌麿作品モチーフの「浮世絵インク」

 歌川広重は“ヒロシゲブルー”として名高いこともあり、広重作品モチーフインク色は「広重浅縹(あさはなだ)」「広重瑠璃(るり)」の青系を始めとした4色。

 美人画の代名詞とも言える喜多川歌麿からは、作品の女性が着る着物の色をモチーフにした「歌麿紅桜(べにざくら)」「歌麿青紫(あおむらさき)」など4色が展開されます。

インク沼 万年筆 文具女子 プロデュースは文具ソムリエの石津大氏、カラー監修にはカラーコンサルタントの松本英恵氏を起用

 どの色も最近増えているくすみ系のインク色で、手帳や日記にも使いやすそうです。インク沼から抜け出すのは、まだまだ先になりそう。

インク沼 万年筆 文具女子 パッケージには浮世絵を印刷。海外へのお土産やプレゼントにも良さそう

(C)Nakabayashi Co.,Ltd.



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/15/news130.jpg ソフトクリームを機械から直接口へ―― 焼肉店アルバイトが「不適切動画」投稿で炎上
  2. /nl/articles/2104/12/news082.jpg 「え!? 来週から…出社…ですか?」 リモートになって念願の猫をお迎えした人が“退職願”を出す漫画がやさしい世界
  3. /nl/articles/2104/15/news069.jpg いったい何があったんだ 「ガンバレルーヤ」よしこ、チーママ時代の姿が食い違いすぎて「ほんとに誰?」なレベル
  4. /nl/articles/2104/16/news013.jpg 飼い主「それはムリでしょ……」 明らかにサイズオーバーの箱に入ってドヤ顔しちゃう猫ちゃんがかわいい
  5. /nl/articles/1908/27/news096.jpg 化粧でだいぶ変わるな! 「ガンバレルーヤ」よしこ、ドラマ出演で普段と180度違う姿を披露
  6. /nl/articles/2104/16/news148.jpg 改札にかざすとクウガやファイズに変身! SuicaやPASMOがライダーベルトに変わる「PIICA」、プレミアムバンダイで予約受付中
  7. /nl/articles/2104/16/news129.jpg 「いつでも“GetWild退勤”できるボタン」が商品化 押すと状況に合った曲が流れるカプセルトイ、5月下旬発売
  8. /nl/articles/2104/17/news036.jpg ガンプラ用の塗装ペン「ガンダムメッキシルバー」がピカピカに塗れてすごいと話題 プラスチック製スプーンが塗っただけで輝く!
  9. /nl/articles/2104/17/news003.jpg 猫「ぎゃああああ!!!」 元ボス猫が謎のおもちゃにビビって逃げる姿に「最強の猫よけおもちゃ」と笑いが集まる
  10. /nl/articles/2104/15/news090.jpg 「似合っててカッコいい」 ゆりやん、金髪へのイメチェンでクールなキメ顔 38キロ減の快挙には「全然まだ太い」と本音も