ニュース
» 2020年02月26日 10時00分 公開

点を線で結ぶだけでパラパラ漫画が作れるミニ冊子が楽しそう! クラウドファンディングで人気に

手軽にアニメーション制作を体験できます。

[関口雄太,ねとらぼ]

 点を線で結ぶだけで簡単にパラパラ漫画が作れるミニ冊子「Dots & Lines」が、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で人気を集めています。2月7日にプロジェクトを開始し、支援額は目標の9000ユーロ(約110万円)を大きく超える3万2000ユーロ(約390万円)に達しています。


点を結ぶだけでパラパラ漫画が完成する「Dots & Lines」が登場 動く錯視図形が不思議 「Dots & Lines」は2種類1セット(画像はKickstarterより)

 「Dots & Lines」は2種類のパラパラ漫画が1セットになっています。各216ページで、2冊あわせると432ページのコマ割りです。点とあわせて数字が書かれており、番号にあわせてなぞり、色を塗るとアニメーションが完成します。

 「Dots」は、めくり方に合わせて6種類のアニメーションを作れます。1つのアニメーションが36ページあり、表側と裏側で3種類ずつアニメーションを用意。ページのめくり方を上段、中段、下段、と変えることで、異なるアニメーションが見られます。


点を結ぶだけでパラパラ漫画が完成する「Dots & Lines」が登場 動く錯視図形が不思議 「Dots」は点を結ぶとパラパラ漫画が完成する(画像はKickstarterより)


 「Lines」の基本構造は「Dots」と同じですが、題材となる絵柄に、視覚的な錯覚を引き起こす不可能図形や幾何学的錯視が使われています。


点を結ぶだけでパラパラ漫画が完成する「Dots & Lines」が登場 動く錯視図形が不思議 「Lines」は錯視図形のパラパラ漫画(画像はKickstarterより)


 支援は29ユーロ(約3500円)からで、リワードとして「Dots & Lines」を1セット受け取ることができます。配送先は世界各国となっており、日本も対象です。

 ちなみに製作を手掛けたチーム「Flipboku」によると、支援ページなどで紹介しているパラパラ漫画は完成品に似たもので、本当の完成品は手に取ったときのお楽しみとのこと。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」