ニュース
» 2020年02月26日 16時00分 公開

無料の歌声合成ソフト「NEUTRINO」がプロもうなる完成度 楽譜と歌詞を入れるだけで東北きりたんが自然に歌う

「AIきりたん」動画として、ニコニコ動画やTwitterに作例が続々。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新たな歌声合成ソフト「NEUTRINO」が2月21日に無料公開され、高い完成度で大きな反響を呼んでいます。まず試しに以下の作例動画を再生してみてください。ソフトが作り出した歌声の自然さに驚かされることうけあいです。


NEUTRINO NEUTRINO

 NEUTRINOはSHACHI(@SHACHI_KRTN)さんが開発した、ニューラルネットワークによる歌声シンセサイザー。楽譜と歌詞のデータを入力するだけで、同梱の「東北きりたん」か「謡子」の音声データベースをもとに、歌声のデータを作成してくれます。


NEUTRINO 東北きりたんは、東北地方応援キャラクターの1人。声を担当する茜屋日海夏さんの歌唱データが研究者向けに配布されており、NEUTRINOでも活用されている

 ニューラルネットワークは楽譜をもとに、発声タイミングや音の高さ、声質、かすれ具合などを推定。いうなれば「東北きりたん(謡子)だったらこの曲をどのように歌うか」を自動で考えて、音声データを作ってくれる仕組みです。

 NEUTRINOがリリースされると、デバッガーとして開発に参加していたくろ州さんが、前述の作例をはじめとした動画を次々と公開。多少の調声(調整)が入っているとはいえ、そのクオリティーに「歌声AIもここまで来たか」「もはや人間」などと驚く声が上がりました。以来、ニコニコ動画Twitterに多くの作品が投稿されています。


NEUTRINO

 一連の動画は「AIきりたん」と呼ばれ注目を集めることに。作曲家の神前暁さんが「仕事に使えそうなレベル」と評したり、東北きりたんの声を担当する茜屋日海夏さんが「ひそひそあちこちで聴いてましたが、恐るべしです」と反応したり、プロも巻き込んでの盛り上がりを見せています。


 SHACHIさんが「まだ聞いたことのないような楽曲・ジャンルを開拓してほしい」と思いを込めて名付けたNEUTRINO。引き続きアップデートを続けるとのことで、今後も楽しみです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.