ニュース
» 2020年02月27日 14時31分 公開

アステリア、発熱時は出勤扱いで休業できる特別措置を実施へ 「37.5度を超える発熱時は体調の回復を第一とする」

その他にもテレワークの推奨や、国内外への出張を禁止しています。

[宮原れい,ねとらぼ]

 ソフトウェア開発・販売などを行うアステリアは2月27日、新型コロナウイルス感染拡大の防止施策として、発熱時は出勤扱いで休業できる特別措置を実施することを発表しました。


アステリア 新型コロナウイルス 感染拡大防止施策 発熱時 休養 出勤扱い 特別措置 テレワーク 実際にアステリア社員がテレワークを行っている様子

 37.5度以上の発熱時にはテレワークを含む就業を禁止し、さらにその際には有給休暇を使うことなく、出勤扱いで休養が取れるようにするとのこと。実施期間は同日から3月13日までで、以降も状況を見て再度判断する予定。


アステリア 新型コロナウイルス 感染拡大防止施策 発熱時 休養 出勤扱い 特別措置 テレワーク 同社はテレワーク推奨。ただし発熱時にはテレワークを含む就業を禁止に

 上記の特別措置以外にも予防対策として、テレワークの推奨、通勤ラッシュを避けた出勤の推奨、それに伴うミーティング時間の再設定。他にも20人以上のイベントの参加・主催を禁止、国内外への出張禁止などが同期間中に実施されます。

 同社では1月から、契約社員・派遣社員・アルバイト社員等を含む全社員への感染予防対策を実施。今回の措置は、厚生労働省による「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」の決定と、国内外での感染者が増加していることから実施したとしています。


アステリア 新型コロナウイルス 感染拡大防止施策 発熱時 休養 出勤扱い 特別措置 テレワーク アステリアの感染予防対策概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.