ニュース
» 2020年02月27日 20時00分 公開

今夜のライブが中止になったらどうする? あるアイデアで“推し”を応援する姿を描いた漫画に元気づけられる

それでも「推しにお金を使いたい」!

[ねとらぼ]

 国内でのコロナウイルス感染拡大を抑えるため、コンサートなどの大規模イベントの自粛、中止や延期、規模縮小などを求める要請が発表され、それぞれの界隈で次々と「現場」が中止になるここ数日……。公演が中止になるのは仕方ない、でも、中止になっても“推し”を応援したい! そんなオタクの心を代弁する漫画がTwitterで話題になっています。

公演が中止になっても推しに貢ぎたいオタク

 作者は、社会人オタク女子あるあるが詰まった漫画『マキとマミ〜上司が衰退ジャンルのオタ仲間だった話〜』(関連記事)の町田粥さん。今回の漫画も、ライブが中止になったマミに、上司のマキが駆け寄るところから始まっています。

 今夜行くはずだったライブが公演中止になってしまったマミ。マミが超高倍率の中でチケットを手に入れたことを知っているマキは、「大丈夫?」と落胆しているであろうマミを心配します。

 ですが、マミは「時が時ですし仕方ありません」と、意外にも冷静な様子。「一番悔しいのは演者の皆様…と… 運営会社…と」と、“推しサイド”への気遣いを見せます。

 マミは「私たちファンも奥歯が摩耗するほど悔しい訳ですが」「通達が来た瞬間はまあ駅のホームで膝をつきましたが」と、やはり深い悲しみはあったものの、すでに気持ちを切り替えた様子。今夜あるはずだったライブに代わって、「不要(ではありませんでしたが)不急(でもありませんでしたが)の外出を控えナイト」の開催を宣言します。

公演が中止になっても推しに貢ぎたいオタク

 「不要不急の外出を控えナイト」は、公演の「自粛が決定したアーティストへの敬意と打ちひしがれるファンの相互自助」のため、昨年のコンサート動画を自宅で同時に見るオンラインイベント。Twitterでタグを作って実況します! と意気込むマミに、マキは「界隈の相互自助能力が圧倒的ね…!」と感心します。

 「不要不急の外出を控えナイト」のため、「お先に失礼いたします!」と華麗な退勤をきめるマミ。去り際にマミは、イベントを中止された運営各位に向かって「このタイミングで未公開動画など支援金込みの価格でダウンロード販売などしていただけましたら絶対に買わせていただきますので是非ご検討ください」と呼びかけるのでした。誰に言っているの……? でも分かる……!

公演が中止になっても推しに貢ぎたいオタク

 このマミの前向きな姿勢に、Twitterでは「マミちゃんが言いたいこと全部いってくれました」「今週末遠征予定のライブが中止になったので、マミちゃんを見習います」といった、それぞれに“推し”を持つ人たちからの声が集まっています。

 コロナウイルス以外でも、天災など様々な事情で中止になることがあるライブやイベント。これを機に、公演中止になっても“推し”を応援できる仕組みが考案されると、オタクとしては安心できそうです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.