ニュース
» 2020年02月27日 21時00分 公開

脳の手術を受けながらバイオリニストが演奏 手の運動機能を損なわないために医師が提案

これは貴重な音色と言えるかも……。

[マスミ メイアー,ねとらぼ]

 英ロンドンの病院で、プロのバイオリニストが脳腫瘍の摘出手術を受けている最中にバイオリンを生演奏したことが話題となっています。


脳の手術中にバイオリンを弾く患者 脳の手術中にバイオリンを弾く患者

 2月18日に脳腫瘍の摘出手術を受けた、ダグマー・ターナーさん(53歳)は、英ワイト島交響楽団に所属するプロのバイオリニスト。ところが2013年の公演中に発作を起こし診断の結果、神経膠腫(グリオーマ)と判明したのです。

 腫瘍は悪性度がグレード2でこれ以上悪化させないためにも放射線治療を続けていたターナーさんでしたが、2019年の秋に腫瘍が大きく成長していることが判明したために、腫瘍の除去手術を受けることに……。


脳の手術中にバイオリンを弾く患者 手術中に麻酔から起こされバイオリンを弾く

 ターナーさんの腫瘍は脳の前頭葉にあり、左手の微細な動きを司る領域の近くにありました。彼女にとって、バイオリンの弦を押さえる左手の力加減が制御できないことはプロのバイオリニストとして演奏が続けられなくなることを意味します。

 そこで手術を執刀するキングス・カレッジ病院の神経外科医、キヨマーズ・アシュカン医師は、ターナーさんに手術の最中にバイオリンを演奏するよう提案しました。これは左手の動きを制御する脳の重要な領域に損傷を与えないようにするためのものでした。

 アシュカン医師もまた、音楽の学位を持つピアニストであり、ターナーさんの音楽に対する情熱をくみ取ってのことだったようです。

 手術当日、腫瘍を摘出するため開頭手術が行われ、ターナーさんは麻酔から一旦起こされバイオリンを演奏し始めました。それによって医師らは言語と運動を司る領域を特定しながら、腫瘍を摘出していったのです。2時間にわたって行われた手術は無事成功し、手術の3日後にはターナーさんは退院出来たそうです。

画像はYouTubeから

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2010/26/news023.jpg ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  2. /nl/articles/2010/25/news016.jpg これが書店員の本気……! “架空の建物の設定本”が気に入りすぎて超精巧な立体POPにしちゃった店員さんがすごい
  3. /nl/articles/2010/25/news010.jpg 畑に里芋を取りに行った夫が「小さな子猫2匹を抱きかかえて帰ってきた」 天使のような“里芋ちゃんズ”がかわいいと人気
  4. /nl/articles/2010/25/news031.jpg 「丼丼パン…丼丼パン……」 あの世界的名曲を表現した作品が「久しぶりにTwitterで笑った」と話題に
  5. /nl/articles/1607/27/news073.jpg 嫁がポケモン捕まえに行ってリアルポケモン(捨て猫)ゲットしてきた 生後1カ月のニャースにメロメロ
  6. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. /nl/articles/2003/29/news014.jpg 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  8. /nl/articles/2010/25/news006.jpg 「ぶっwお客さまwww」 “眼鏡屋でめちゃくちゃ笑われた話”の漫画があまりにもふびん
  9. /nl/articles/2010/25/news015.jpg これはつらい…… いじめっ子が夢の中では仲良くしてくれる漫画に「いい話だけどつれぇ」「ラスト震えた」の声
  10. /nl/articles/2010/26/news004.jpg 眼力鋭いクラスの女子、すごく怖いけど実は…… 不器用な恋を応援したくなる漫画『クラスメイトの田中さんはすごく怖い』