ニュース
» 2020年02月29日 17時29分 公開

「トイレットペーパー、ティッシュペーパーの供給力、在庫は十分にあります」 日本家庭紙工業会が“品薄デマ”受けて声明発表

経産省も「今後、順次解消していく見通し」とコメント。

[ねとらぼ]

 日本家庭紙工業会は2月28日、トイレットペーパー・ティッシュペーパーの供給・在庫について、「十分にあります」との声明を発表しました

 同協会によると、トイレットペーパー・ティッシュペーパーについてはほとんどが国内工場で生産されており、現在も新型コロナウイルスの影響を受けることなく、通常通り生産・供給を行っているとのこと。また原材料の調達についても中国に依存しているといったことはなく、製品在庫も十分にあるため、需要を満たすだけの十分な供給量・在庫を確保できているとしています。



 また現在、一部では実際にトイレットペーパーやティッシュペーパーが購入しにくい状況となっていますが、「物流が整い次第、消費者の皆様のお手元に届くようになります。どうぞご安心ください」とのこと。

 品薄の発端となったのは、「マスクの次はトイレットペーパーが品薄になる」というネット上の書き込み。この書き込み自体は「製造元が中国」「マスクと原料が同じ」といった誤った情報に基づいたものでしたが、うわさを真に受けた人々がその後大量購入に走った結果、実際に売り切れが相次ぐ事態となっていました。


トイレットペーパー ティッシュペーパー 供給は十分 うわさが広がった結果、実際に売り切れが相次ぐ事態に(編集部撮影)

 この声明を受け、経済産業省もTwitterで反応。トイレットペーパーの在庫について「全国の工場だけでも3週間分以上の在庫があり、製造・配送も通常通りに行われています」「一部の店舗等では、顧客が集中することで一時的な品薄状態が生じていますが、今後、順次解消していく見通しです」とコメントしています。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.