ニュース
» 2020年03月01日 11時00分 公開

冬のネコちゃんは寝てばかりいるようになるってウソ? ホント?

謎に迫ります。

[ペット手帳]
Mashable

ペット手帳 猫 スヤスヤ

 冬になると、暖かい部屋で寝ているネコちゃんの姿が目立つようになりますね。ひと昔前まで、冬のネコちゃんの睡眠時間は、夏に比べると長くなる、と言われていました。消費カロリーを抑えるために運動量を減らして、睡眠をとることで、エネルギーを確保していると考えられていたのです。


ペット手帳 猫 気持ち良さそう

 確かにネコちゃんは寒さが苦手です。冬の季語に「竈猫(かまどねこ)」という言葉があり、冬は猫が火を起こす台所の竈(かまど)に入り、灰だらけになって暖をとる姿がたくさんみられました。

 しかし、現在、室内飼いのネコちゃんの部屋は暖かく、エアコンなどで寒くないよう、快適な温度に保たれています。


ペット手帳 猫 いいポジション

 従って、現在では冬になったからといって、身体を「省エネモード」にして、寝ている必要がありません。さらに、エネルギー消費を抑えなくても、ネコちゃんのフードは一定のカロリー計算に基づいてつくられているので、栄養は常に足りています。寝て体を休ませる必要がなくなりました。よって、「ネコは冬によく寝る」のは、現在ではあてはまらなくなってしまったのです。


ペット手帳 猫

 獣医師さんによると、いつも遊ぶのが好きなネコちゃんが、静かに寝てばかりいる場合は、何らかの病気の可能性もあるということです。「見逃しは危険ですよ」と教えてくれました。

 ネコちゃんの睡眠時間に関しても、飼い主さんが日頃の生活の中で、継続して見守ってあげてくださいね。


ペット手帳

© stepdays Inc.