メディア
ニュース
» 2020年03月02日 17時00分 公開

「彼氏の読んでるエロ本がキモいんですけど――」なぜ複雑な感情を覚えるのか? を解説してみる『アスクミ先生に聞いてみた』4時間目

キモいって感じるメカニズム。

[漫画:後藤羽矢子 紹介文:きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 学校では教えてくれない質問に阿須名久美(アスクミ)先生がズバリ答えてくれる漫画『アスクミ先生に聞いてみた』(作:後藤羽矢子)。4時間目は、彼氏が読んでるエロ本がキモいという相談をきっかけに、「キモい」という感情について扱っています。

アスクミ先生 エロ本

4時間目 キモいってどこからくるの?

 今回の相談者は2年生の女の子。「彼氏の家にあったエロ本の内容が気持ち悪い」と相談してきました。内容は“時止めもの”と言われているもので、時間を止めて道行く女性にアレコレしてしまうもの。それがとにかく気持ち悪くて、別れようか迷っているそうです。

アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本

 アスクミ先生が「人それぞれの価値観もあるから」と、言うと「それをキモいと思う私の価値観は認めてもらえないんですか?」と反論。難しい問題にアスクミ先生は少し角度を変えて、逆に質問です。

「じゃあ 何でそれを気持ち悪いって思うの?」

アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本

 気持ち悪いという感情の根底には、不可解や不安があることがほとんどです。親しい人に触られても何も思わない場合でも、知らない人だと何をされるか分からないという不安から「キモい」と感じたりします。自分には理解できないことをしている人に対し「キモい」と感じるのも、不可解からきているのかも。

 しかし、不可解な部分がひとつもない人はいません。「他に理解できる部分がいっぱいあるなら、私は良いと思うけどね」アスクミ先生がそう伝えると、生徒は別れるのをひとまずは思いとどまることにしたのでした。

アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本
アスクミ先生 エロ本

 好きな人や大事な人の一部が理解できないこともあるかもしれません。それは珍しいことではなく、当たり前なことです。価値観が合わないことがあっても「キモい」とバッサリ切り捨てるのではなく、理解しようと思いやる気持ちを持つことも大切ですね。

(C)後藤羽矢子/竹書房

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.