ニュース
» 2020年03月02日 20時00分 公開

美術大学で暮らしていた2匹の猫ちゃん たくさんの愛を感じる思い出マンガに思わず目頭が熱くなる

10年ちょっと前のお話です。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 大学のキャンパス内で暮らしていた猫ちゃんたちの漫画が、「すてきな話」とTwitterで話題になっています

ムサ美の猫 10年ちょっと前のお話です

 この漫画を投稿したのは油絵画家の今津 奈鶴子(@imatsuru)さん。2月22日の猫の日に合わせて、母校・武蔵野美術大学にいた猫ちゃんたちの思い出を紹介してくれました。

ムサ美の猫 大学の守衛室で暮らしていた「うさお」と「さばお」
ムサ美の猫 学生さんにも人気があったようです

 猫ちゃんの名前は「うさお」と「さばお」。いつも守衛室近くで寝ていたといいます。朝・昼・夜と2匹をモフモフしていた今津さん。他の学生さんにも人気の猫ちゃんだったようです。

ムサ美の猫 ある日、さばおが帰らぬ猫に
ムサ美の猫 うさおは、ご飯だけはもらいに来ているとのこと

 そんなある日、さばおが入院。そのまま帰らぬ猫となってしまいました。さばおがいなくなってから、姿を見せなくなったうさお。気になった今津さんが守衛さんに尋ねると「ご飯は食べにくるけれど、すぐいなくなる」という返事でした。

ムサ美の猫 静かになった守衛室の近くに猫ちゃんの姿が

 しばらくすると、守衛室横の植え込みに、さばおにそっくりな猫ちゃんの姿が。近づいて見ると、リアルな木彫りの猫ちゃんでした。守衛さんによると「彫刻科の学生さんが置いてくれたよ」とのことです。

ムサ美の猫 学生さんが作ったという木彫りのさばおです

 そこへやってきたのは、姿を見せなくなっていたうさお。守衛さんが「さばおが戻ってきたと思ってるみたいだよ」と話します。さばお像の近くでくつろぐうさお。……あんたって子は(泣)。

ムサ美の猫 すてきな思い出をありがとうございます

 これは10年ちょっと前の思い出とのこと。2匹の姿に心当たりがある学生さんもいるのではないでしょうか。

 ちなみに今もさばお像は置かれているそうです。1年前に確認した歳には、猫缶に“おさい銭”が入れられており、「ついに神になったか さばおよ……」と思う今津さんなのでした。

ムサ美の猫 神の領域に入ったさばお
ムサ美の猫 さばお像とうさお

 このほっこりする思い出漫画に、リプライ欄には同大学の卒業生による思い出話や、元気だったころのさばおの写真が集まりました。「すてきな話」「猫はポーカーフェースですが愛情深いですね」といった声も寄せられています。

 投稿した今津 奈鶴子(@imatsuru)さんは、油絵で苔を描いている画家として活動中。「この1本1本を描いたの!?」と聞きたくなるような、緻密で美しい作品をTwitterアカウントに公開しています。


画像提供:今津 奈鶴子(@imatsuru)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.