ニュース
» 2020年03月03日 07時30分 公開

ワケあって不老不死になった男 長生きし過ぎて感情を失ってしまった主人公の漫画が見守りたくなる

ツイートと漫画で進んでいくという、ハイブリッド作品。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 不死になって約1300年生きている男を描いた漫画『かぐや姫にもらった不死の薬を捨て損ねた男の話』が、主人公を見守りたくなってしまいます。

なりきり おとぎ話 竹取物語

 まだ“岩笠”の名前で帝に仕えていた岩傘さん。かぐや姫は帝に不死の薬を贈りましたが、かぐや姫と一緒にいられないなら不死に意味はないと思った帝は、岩傘さんに薬を捨てるように命令しました。本来であれば富士山に捨てるはずの薬。それを岩傘さんはあろうことか、飲んでしまったのでした。

なりきり おとぎ話 竹取物語

 1300年ほど経った現代、不老不死の岩傘さんはサラリーマンをしています。帝の勅命に背いたことへの罪悪感を持っていたかどうかも忘れてしまうほど生き続けた結果、岩傘さんは感情をなくしそうになっていました。生き生きとしていた平安時代の頃の気持ちを取り戻したい。そう思うようになっていたのです。

なりきり おとぎ話 竹取物語
なりきり おとぎ話 竹取物語
なりきり おとぎ話 竹取物語

 営業に出ていた岩傘さんは、かわいい動物が出てくるカプセルトイのマシンを発見。子どもたちが一喜一憂しているのを思い出してやってみることに。ところがウサギのキーホルダーが欲しいのに、出るのはゴリラばかりです。

なりきり おとぎ話 竹取物語
なりきり おとぎ話 竹取物語
なりきり おとぎ話 竹取物語
なりきり おとぎ話 竹取物語

 負けじとカプセルトイを回していくうちに、この小さな箱がもたらすおもむき深さを感じるようになりました。それはまるで帝と雅な遊びを楽しんだ時のような高揚感。そしてウサギとゴリラのキーホルダーを手に入れ、ささやかな喜びを得ることができた岩傘さんだったのでした。

 漫画は主人公の「岩傘調(@iwks_mtg)」のTwitterアカウントで公開中。Twitterでは漫画と共に、日々の出来事も投稿しています(漫画は隔週土曜日に更新予定)。おいしいゼリーに感情を取り戻しそうになるなど、岩傘さんの日常を応援したくなる……。年上なのに、年下を見守るようなかわいさを感じる。

 ちなみに岩傘さん、かつて土佐日記を読んでいたときは、一行目で爆笑するくらいに心が生きていたそうです。感情豊かな日常を取り戻せるようになると良いですね!

画像提供:岩傘調(@iwks_mtg)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐