ニュース
» 2020年03月03日 20時30分 公開

コロナショックで印税溶けた…… 株に挑んで大損した漫画家にかける言葉が見つからない (1/2)

ま……漫画描こう!

[沓澤真二,ねとらぼ]

 新型コロナウィルスは経済にも大きな影響を与えており、日経平均は2月末の1週間で2243円(約9.6%)下落。この“コロナショック”のあおりを受けて株式投資で大損し、単行本の印税収入を失った漫画家の体験談が悲惨すぎます。なんと声をかけたものやら……。


アイキャッチ とりあえず「生きろ」としか……

 漫画の冒頭から「あああああああああああああああ」と苦悶の叫びを上げているのは、作者の矢寺圭太(@yaterakeita)さん。「漫画が売れないならそれ以外で稼げばいいのだ!」と株式投資を始めたのが2018年のことで、そのときは200万円の貯金を全額溶かしていました(関連記事)。お願い、懲りて。


2月-1 あああああああああああああああああああああああああああああああ

 その後立ち直った矢寺さんは、2019年に『週刊ビッグコミックスピリッツ』で『ぽんこつポン子』の連載を始め、めでたく単行本も発売。しかし、印税でまとまった金額を手にしたことで、再び株への欲望をムクムクと呼び起こしてしまいます。その結果、1巻の印税は1カ月で消滅したのでした。懲りてってばあ……。


 それでも懲りない矢寺さんは、2巻・3巻の印税で得た100万円を株に投入し、1巻の印税分を取り戻します。しかし勝負したのが、乱高下しながらも当時は上がり目に見えた、オルトプラス株だったのが運命の分かれ目(関連記事)。同社の目玉「ヒプノシスマイク」ゲームアプリの事前登録開始を当て込んで全力で信用買い――その30分後に株価は大暴落し、それまでの利益は一気にマイナスへ転じるのでした。ひとごとながらつらみがつらい。


冬-1 オルトプラスに勝負をかけた様子は「株日記2019・冬」に詳しい

2月-2

 矢寺さんは諦めずに、ヒプマイアプリの配信さえ始まれば、株価はきっと戻るはず――と望みをかけて2020年3月末まで塩漬けすることに。あえて市場のことは忘れて春を待ちます。


2月-3

 ところがそんな矢先にコロナショックが到来。春を待たずに矢寺さんは退場を余儀なくされてしまいました。仮に100万円の元手で300万円分の株を信用買いしたのち、株価が30%落ちたとすると損失は90万円で、元手は一気に10万円まで減少します。オルトプラスの場合、2月末の1週間で約30%、12月の高値からすると約49%下落したため、とてもじゃないですが耐えきれません。うへぇ……。


冬-1

 過去の経緯もあって、矢寺さんはファンや友人、担当編集から心配され、忠告を受けていました。そのうえでつらい結果となったこの漫画には「だから言ったのに」「漫画に集中しましょう」「ギャンブルじゃなくて投資をしましょう」など、厳しい意見が寄せられています。

 その一方で、「まさに今同じ状態で笑ってしまいました」と共感する声や、「教訓になりました」「株エッセイ漫画描いて元を取りましょう」といったポジティブな声も。「4巻も買うのでがんばって」といった応援も多いことですし、今後は投資するにしても慎重を期してほしいと、老婆心ながら願う次第です。

作品提供:矢寺圭太(@yaterakeita)さん
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.