ニュース
» 2020年03月04日 09時25分 公開

献血、新型コロナウイルスの影響で例年より2割減 協力呼びかける

日本赤十字社によると目標に対し、87.7%まで下がった。

[ねとらぼ]

 日本赤十字社は、新型コロナウイルスの感染拡大が献血にも深刻な影響が出ているとして協力を呼び掛けている。

 日ごろは移動採血車などをイベント会場に出していたが、政府の感染症対策本部がイベント延期に言及してからはイベントの延期や中止が相次ぎ献血が減少。25日に政府が基本方針を決定したあとは87.7%まで減少した。2月25日から29日の5日間では目標より約6000人ほど足りていないという。

日本赤十字社 イベントの中止や延期をきっかけに献血数が減少していく

 既に輸血用血液の在庫量が不足し始めている地域も発生。全国的にこの状況で推移すると、必要な輸血用血液の供給に支障が出るとしている。こうした状況の中でも、成分献血を含め、毎日約1万3000人の献血協力が必要としており、今回の呼びかけに至った。

 日本赤十字社では新型コロナウイルスの感染拡大のリスクを避けるためにも、献血を希望する人が一時期に集中しないよう、可能な限り前日の17時までに献血の予約を推奨している。

日本赤十字社 献血協力を呼びかけ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.