ニュース
» 2020年03月05日 13時21分 公開

“トイレットペーパー山積み”で話題のイオン、狙いを聞いた 「デマによる買い占めが続いている」「きちんと供給されている姿を示したい」

イオン広報に話を聞きました。

[ねとらぼ]

 “中国での新型コロナウイルス感染拡大により紙製品の供給が滞る”と煽るデマが広がり、生活必需品の買い占めが行われている昨今。東京都のイオン数店舗がトイレットペーパーを山積みに陳列し、十分に商品が供給されていることをアピールしました。

 Twitterでは「イオンの本気を見た」と話題に。イオン広報に取り組みの狙いを取材しました。



 東京都江東区・イオン東雲店(3月5日は改装のため休業)では、大人の背丈ほどあるトイレットペーパーの“壁”が通路の端から端までそびえたっています。

 イオン広報は、こうした動きに関して「誤った情報による買い占めが行われた結果、配送が追い付かずに品薄の状態が続いていました。実際はきちんと供給されていることを姿で示すため、特設の売り場を設けました」と狙いを説明。

 トイレットペーパーの大量販売が行われているのは一部店舗のみですが、それ以外の店舗についても「今週末には平常通りトイレットペーパーを購入できる状態になる見込み」としています。

 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、イオンでは従業員の体調チェックを徹底するほか、買い物カートや手すりのアルコール消毒、総菜類の袋詰め販売など、安心して買い物できる環境づくりに努めているといいます。



イトーヨーカドー木場店でも山積みに

※当初は店内の写真を掲載していましたが、イオンからの要請により削除しました

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.