ニュース
» 2020年03月07日 07時30分 公開

娘の夜泣きでボロボロのママ 逃げるように入った喫茶店の思い出を描いた漫画に「泣いた」「誰かが作ったごはんって幸せ」

ちょっとした言葉で救われる。

[林美由紀,ねとらぼ]

 3歳と1歳の娘さんを子育て中のさざなみ(@3MshXcteuuT241U)さんが、長女の夜泣きでボロボロの時に出会ったおばさまとのエピソードを漫画化。限界間近のママを救った一言に「わかる」と涙する人が続出しています。


長女の夜泣きの思い出。08 何もかもいやになってしまい早朝の散歩に出た

 さざなみさんが大阪に住んでいた頃、娘さんの夜泣きが始まります。寝かしつけてもすぐに起きてしまい、テレビや音楽でも泣き止まない状態でした。徹夜が続いた3日目の朝、何もかもいやになったさざなみさんは、娘さんを連れて早朝の散歩に出ます。そして、小さな喫茶店にふらりと入ったのです。

 注文したモーニングに「誰かが作ってくれた朝ごはん!」と小さな喜びを感じるさざなみさん。しかし、店内でタバコを吸っている人に気が付くと「こんなところに連れてきて…なんてひどい親だろう……」と罪悪感に苛まれます。


長女の夜泣きの思い出。01 娘の夜泣きで眠れない日々が続く

長女の夜泣きの思い出。02 何もかもいやになってしまい早朝の散歩に出た

長女の夜泣きの思い出。03 初めて入った喫茶店はどう見ても子ども向けではなかった

長女の夜泣きの思い出。04 誰かが作ってくれた朝ごはんがうれしい

 「はよ帰ろう」――席を立とうとしたさざなみさんは、娘さんがパジャマを着たままで、はだしの状態であることにようやく気付きます。

 小さい子をこんな姿で連れ出して、虐待だと思われているかもしれない……。そんな不安が頭をよぎり、聞かれてもいない言い訳を口にしてしまいます。笑顔を取り繕ってはいるけれど、体どころか心までボロボロ。今にも泣きだしそうになったその時、「ちょっとあんた」とこちらをにらみつけるおばさまがいました。

 つかつかと寄ってくるおばさま。怒られるかも……という予想に反して、おばさまは「お母さん困らせたらあかんで! ほんま」と言いながら、娘さんのほっぺをツン。「よう肥えとるわ」「少々泣いても泣かせておいたらええんや」と、ぶっきらぼうながらも優しい言葉をかけてくれたのです。

 心が救われるような突然の出来事に、ぽかーんと立ち尽くすさざなみさん。店主のおじさんが、そっと持ち帰り弁当のチラシを渡してくれたことも相まって、今でも忘れられない大阪の思い出になったのだといいます。


長女の夜泣きの思い出。05 スッピンの自分とパジャマのままの娘

長女の夜泣きの思い出。06 あんたにちょっと言うたらないかんとおばさま

長女の夜泣きの思い出。07 もっと泣かしておいていいんだ

 子どもの夜泣きが始まると、「近所に迷惑をかけている」「虐待と思われるかも」といった不安から、心身ともに追い詰められてしまうママもいます。喫茶店で出会ったおばさまの「泣かせてもいい」という一言は、さざなみさんの心をそんな苦悩から救ったのではないでしょうか。筆者も子育て中のママに優しい行動を取れるようになりたいものです。

 漫画の読者からは「子供を寝かしつけながら泣きそうになっております」「娘の夜泣きを思い出しボロボロ泣いています」「泣ける…マジ昨日の夜これでした…(涙)」「涙腺が……聞かれてもいないのに勝手に言い訳しちゃうの分かります」「泣くのが運動ってわかってても追い込まれるもんなー。わかる」と、共感するコメントが届いています。

 作者のさざなみ(@3MshXcteuuT241U)さんは、ninaruポッケで育児漫画「さざなみのこそだてアイデアノート」を連載中です。

画像提供:さざなみ(@3MshXcteuuT241U)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.