ニュース
» 2020年03月05日 22時06分 公開

宇宙人を探す巨大プロジェクト「SETI@home」が一段落? ボランティアによる解析作業を停止すると発表

研究結果の発表が楽しみでなりません。

[たけしな竜美,ねとらぼ]

 1999年に始まった地球外知的生命体探査プロジェクト「SETI@home」が、その解析作業の分散を3月31日に終了すると発表しました。ただし、あくまでも終了するのは「ボランティアメンバーへの解析作業の分散」のみで、SETIプロジェクトと研究は今後も継続します。


SETI ボランティアコンピューティングプロジェクト SETI@homeの初期のクライアントソフト。Wikimedia Commonsより引用

 作業の分散を停止する理由について、SETIチームは「現時点で研究に必要なデータはほぼすべて分析できた。今後はその成果をまとめ、論文として発表することに専念する」と説明しています。


SETI ボランティアコンピューティングプロジェクト SETI@homeの中止の発表。SETI協会公式より引用

 「SETI@home」は、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校が1999年に開始した地球外生命体探査プロジェクトです。プエルトリコにあるアレシボ天文台が観測した膨大な宇宙のデータを、世界中のボランティアの持つ余ったパソコンリソースで解析する、という「分散コンピューティング・プロジェクト」の先駆けとなりました。

 電波望遠鏡のデータから地球外生命体の痕跡を探す、手軽に宇宙人探索に協力できる、ということで、全世界から520万人以上が参加する人気プロジェクトです。


SETI ボランティアコンピューティングプロジェクト SETIなどのデータ解析進展表示。現在では専用クライアントからBOINCへ移行している

 SETI@homeの解析作業は終了しますが、同プロジェクトではこれまで、イギリスの科学雑誌『ニュー・サイエンティスト』で公表された「SHGb02+14a」など地球外生命体の痕跡の可能性を複数発見しています。今後の研究によって地球外知的生命体……宇宙人が存在する、という証拠を発表してくれるかもしれません。今後の展開に期待しましょう。


画像引用元:Wikimedia CommonsSETI協会公式


たけしな竜美


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」