ニュース
» 2020年03月06日 11時38分 公開

「買い溜めした人の9割は『デマ』だと知っている」調査結果が発表 分かっていながら大量購入する理由は?

品薄は「無知」が原因じゃない?

[ねとらぼ]

 日本トレンドリサーチは3月4日、新型コロナウイルスの感染拡大に関連して「買い溜めをした人の9割は『デマ』だと知っている」とする調査結果を発表しました。

 全国の男女958人にアンケート調査を行い、「この1カ月以内で、通常より多く買い溜めしたものがある」と答えた223人には理由や考えを尋ねています。



 「新型コロナウイルスの流行によりマスクやトイレットペーパーが不足する」と煽るデマが広まり、“買い溜め”や転売目的での大量購入が横行。結果的に品薄の状態が続いています。

 日本トレンドリサーチの調査では、有効回答者958人のうち23.3%が「この1ヶ月以内に買い溜めをしたもの」が「ある」と回答。さらにその91.5%が「マスクやトイレットペーパーが今後不足するという情報」について「デマであることを知っている」ことが分かりました。

 “買い溜め”をする人の多くは、ウワサがデマだと知った上で大量購入を行っていることになります。


質問1:あなたがこの一ヶ月以内で、通常より多く買い溜めしたものがありますか?

質問2:マスクやトイレットペーパー、食品などが「今後不足する」という情報は、“デマ”だということを知っていますか?

 さらに調査では、デマだと知りながら“買い溜め”をした人に対し理由を尋ねています。例として挙げられているのは、以下のような回答です。


  • デマと分っていても、実際に店で売っていないから。(40代・男性)
  • 本当に必要な時に無いと困るので。(50代・男性)
  • 外出の頻度を少なくして感染のリスクを減らしたい。(30代・女性)
  • あっても腐るものではないので。(50代・女性)
  • ここで震災が来ないとも限らないから。(40代・男性)

質問4:デマと知ったうえで買い溜めをする理由を教えてください。


 「品薄状態だからこそ売っている時にたくさん購入する」という内容の意見が多かったとのこと。一方で、“買い溜め”を行った人の90.6%は「買い溜め行為が品薄状態を引き起こしていると知っている」とも回答しています。

 品薄を引き起こしたのは無知ではなく、「自分さえよければそれでいい」という利己的な考え方なのかもしれません。

 日本トレンドリサーチは「このような時だからこそ、助け合い・譲り合いの気持ちや冷静な判断・行動が必要になるのではないでしょうか」と調査結果を結んでいます。


質問3:今回の各商品の品薄・品切状態は、“買い占め”行為が引き起こしている、と言われていることを知っていますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.