ニュース
» 2020年03月06日 13時46分 公開

Twitter、年齢、障がい、病気に関するヘイトスピーチを禁止に

年齢、障がい、病気に関するヘイト投稿は削除の対象となります。

[ねとらぼ]

 Twitterは3月6日、ヘイト行為に関するポリシーを更新しました。年齢、障がい、病気に関するヘイトスピーチも禁止になり、削除の対象となります。

ヘイト投稿の例

 同社はかねて人種、民族、性的指向などをを理由にした嫌がらせ投稿などをヘイト行為として禁止しており、2019年にこのポリシーを拡大して「宗教にもとづいて人間性を否定する言葉」を対象にしました。さらに今回、「年齢、障がいや病気にもとづいて人間性を否定する言葉」も対象に加えています。同社はヘイト行為の例として「[年齢層]のすべての人々はハエのようなたかり屋であり、どのような支援を施す価値もない」「[疾患]患者は、周囲にいるすべての人々を汚染する害獣だ」といった投稿内容を挙げています。

 Twitterではこうしたツイートが報告された場合に削除を義務付けるとしています。6日以前に投稿されたツイートに対して違反報告があった場合は、違反ツイートは削除する必要があるものの、即アカウント凍結につながることはないと述べています。

Twitterルールで禁止されているヘイト行為

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.