ニュース
» 2020年03月07日 12時55分 公開

LINEグループビデオ通話にPC画面を共有できる「画面シェア」の新機能 最大200人、大人数の会議や授業などで活躍

捗りそう。

[ねとらぼ]

 LINEは年内のリリースを予定してたグループビデオでの「画面シェア」機能を、近日中に実装することを決定したと発表。2月下旬以降、グループコミュニケーションが活発になった傾向を受けてのものとしています。


グループビデオの利用イメージ

 新型コロナウイルス対策の一環として、「テレワーク」や「サテライト授業」という言葉を目にする頻度が格段に増えた昨今。LINEによると、2月下旬以降、通常時の利用状況と比較するとグループトークの利用は1.3倍、OpenChatは1.5倍、グループ通話は1.7倍、グループビデオ通話は2.2倍に増加しているとのことです。

※グループチャットとOpenChatはメッセージ送信数、グループ通話とグループビデオ通話の利用回数・利用人数・利用時間を総じて比較。

 画面を共有する際はPC版「LINE」が必要で、共有画面を見る側のユーザーは最大で200人。共有画面はスマートフォン端末でも見られます。同じ画面(資料)を見ながら話をすることができるので、大人数での会議や授業などが捗りそうです。

 またビデオ通話では顔をアバターに置き換えたりできる「エフェクト機能」や、2月下旬に提供が始まった「背景ぼかし」機能も利用可能。これで寝起き直後に部屋が少々散らかっていても、気軽に職場や学校の人たちとビデオ通話ができそうです。



背景ぼかし機能も便利そうです

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.