ニュース
» 2020年03月11日 08時00分 公開

岩や葉っぱをまとって自然に溶け込むおじいちゃん・おばあちゃん 不思議な世界観の写真集がクラウドファンディングに登場

不思議な世界観がすてき。

[関口雄太,ねとらぼ]

 自然に溶け込む格好をした高齢者を被写体にした写真集「Eyes as Big as Plates Vol 2」が、クラウドファンディングサイト「KICKSTARTER」で支援を募っています。


自然に溶け込む高齢者を世界各地で撮影したポートレイトの写真集 クラウドファンディングに登場 粘土で岩に溶け込むノルウェーの陶芸家(画像はKICKSTARTERより)

 「Eyes as Big as Plates」は15カ国の100人以上の高齢者が、岩や葉っぱ、海草をまとったような姿で自然と一体化する様子を写しています。もともとは北欧の民間伝承のキャラクターを演じるものでしたが、人と自然が溶け合うスタイルとなりました。幻想的な雰囲気が魅力の写真集です。


自然に溶け込む高齢者を世界各地で撮影したポートレイトの写真集 クラウドファンディングに登場 頭から海藻をかぶって撮影(画像はKICKSTARTERより)

自然に溶け込む高齢者を世界各地で撮影したポートレイトの写真集 クラウドファンディングに登場 2019年にノルウェーで撮影(画像はKICKSTARTERより)

 プロジェクトを進めるのは、フィンランドとノルウェー出身アーティストのリッタ・イコネン氏とカロライン・ヨース氏。前作「Eyes as Big as Plates Vol 1」(完売)は、写真イベント「パリフォト」の「Best first photobook in the world」にノミネートされています。


 「Eyes as Big as Plates Vol 2」では、過去4年間に撮影してきた60点の新作を収録。撮影場所は、韓国、タスマニア(オーストラリア)、アウター・ヘブリディーズ(スコットランド)、セネガル、アイスランド、グリーンランド(デンマーク)、ノルウェーとなっています。撮影に参加した人々は漁師やサーファー、動物学者、レスリングのコーチなど多岐にわたります。


自然に溶け込む高齢者を世界各地で撮影したポートレイトの写真集 クラウドファンディングに登場 2017年にタスマニアで撮影(画像はKICKSTARTERより)

自然に溶け込む高齢者を世界各地で撮影したポートレイトの写真集 クラウドファンディングに登場 キノコを装飾して撮影する風景(画像はKICKSTARTERより)

 高齢者を被写体にする理由について、制作者は「主に、人生経験と気迫にあふれているだけでなく、新しい体験に対する非常にすぐれた好奇心を持っていること」と明かしています。プロジェクト紹介ページで公開された写真からはたしかにその力強さが伝わってきます。


 人間と自然が調和する姿を切り取った写真だけでなく、撮影中の風景も公開中。なお支援は10ドル(約1040円)からでき、日本を含む世界各国で受け取ることができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐