ニュース
» 2020年03月11日 13時01分 公開

メルカリがマスクを出品禁止に 個人が自作したマスクも削除対象

3月13日より、削除対象となります。

[高橋ホイコ,ねとらぼ]

 フリーマーケットアプリを運営するメルカリは、マスクの出品を一律禁止すると発表しました。3月13日より、個人が自作したものを含む全てのマスクが削除対象となります。

メルカリ・サイトキャプチャ メルカリがマスク出品を一律禁止することを発表しました(メルカリより)

 3月15日以降、政令によりマスクの転売が禁止となることをふまえた措置(関連記事)。国が禁止するのは「市販で購入した衛生マスクを取得価格を超える価格で譲渡する行為」であるため、出品されている全てのマスクが必ずしも違法となるわけではありません。しかし、メルカリでは意図せず違法行為につながる可能性等を考慮し、個人が自作したものを含む全てのマスクと、他の商品とマスクを抱き合わせにした出品を一律禁止にし、削除対象としています。

転売禁止のマスクを説明する資料 経済産業省の資料には「個人が自作したマスクも用途、素材、形状等に応じて対象となる」とする記載もあり、手作りマスクの出品も罰則の対象となりえます

高橋ホイコ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.