ニュース
» 2020年03月11日 15時45分 公開

セガサターンの名作「パンツァードラグーン」がVRに! 同作をこよなく愛するクリエイターがセガ許諾の下に開発

初代と「ツヴァイ」、「AZEL」をVRで追体験。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 セガサターンの名作「パンツァードラグーン」を元にしたVR作品、「パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)」が発表されました。過去作のエピソードを、没入感たっぷりで追体験!



パンツァードラグーン

 「パンツァードラグーン」「ツヴァイ」「AZEL −パンツァードラグーンRPG−」の3作品に登場した、さまざまなエピソードを収録予定。一人称視点や、VRコントローラーをハンドガンに見立てた操作方法が採用されており、ドラゴンライダーの戦いを新たな感覚で楽しめそうです。



 開発・販売のワイルドマンは、大好きな「パンツァードラグーン」の影響を受けてVR作品「ガンナーオブドラグーン」を個人開発するまでに至った、野生の男(@yasei_no_otoko)氏が起業した会社。今回はセガゲームスのライセンスを受け、公式のVR版を手がけることになりました。



パンツァードラグーン ガンナーオブドラグーンのワンカット。これがさらに発展することに

 登場するドラゴンの1つ、Dユニット・タイプ01の3Dモデルは、公式説明書を元に作られたガレージキットを3Dスキャンして作成と、ここでもファンのこだわりが見えます。



 国内VRシーンのかなり初期から活躍していた野生の男さんによる開発とあって、VRクラスタからは発表後、「すげえ!!!!」「胸熱ニュース」「野生の男さんならパンドラを任せられる」など、クオリティーに期待する声も多くあがりました。

 

 このVR版は、2020年度に6900円(税別)で発売予定。プラットフォームは未発表となっています。






Original Game(C)SEGA/(C)Wildman




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐