ニュース
» 2020年03月11日 22時11分 公開

「残業代なんて出すわけない」物議を醸したDr.ストレッチの求人広告、元社員による改ざんだった 退職後もパスワード変えず【3月13日追記】

[池谷勇人,ねとらぼ]

 「新型コロナは体調管理ができてない証拠」などの文章が物議を醸していた、ストレッチ専門店「Dr.ストレッチ」の求人広告(※)について、フランチャイズ運営元であるフュービックは3月11日、サイトの改ざんを行った人物について「フランチャイズ加盟企業(つながり)の元従業員」だったとの調査結果を公表しました(PDF)。つながり社は今後、元従業員に対し民事および刑事で責任追及を行っていくとしています。

※広告を直接掲載していたのはフランチャイズに加盟していた「つながり」社で、フュービックは「Dr.ストレッチ」のフランチャイズ運営元




 問題となっていた求人広告は、Dr.ストレッチのフランチャイズ加盟店「つながり」が、転職サイト「engage」に掲載していたもの。一見普通の求人ページに見えましたが、画面をスクロールしていくと、実在する役員の名前で「土日休みがいいとか意味がわかりません」「残業代なんて出すわけがありません」「残業したくないとか勉強不足」といったコメントが掲載されており、ネット上では「ここ数年で最も破壊力ある求人広告」「こんな超絶ブラック企業だったのか」など批判の声が相次ぎ、炎上状態となっていました。


Dr.ストレッチ 炎上 Web魚拓より

Dr.ストレッチ 炎上 Web魚拓より(名前部分は編集部で加工)

 その後フュービック側は当該の広告について「本人投稿ではない」「なりすまし(不正アクセス)により書き換えられた」などと説明。しかし、同社への批判がおさまることはなく、むしろ「なりすましだったことにして逃げようとしているのではないか」といった声もあがり“第二の炎上”状態に。さらにその後、広告を掲載していたengageも、追って「不正アクセスやそれによる情報漏洩が発生した事実はありません」とのコメントを発表したため(※あくまで「engage側への不正アクセスはなかった」という意味)、フュービック社長のTwitterには「嘘つき」「今時そんなアホみたいな言い訳が通じると思うなよ」など批判のリプライが殺到する形となっていました。


動機は「つながり」社への嫌がらせ

 今回の調査報告はこうした流れを受けて掲載されたもの。その後フュービックが「つながり」社や「つながりの元従業員」と面談を行ったところ、今回のサイトの改ざんを行ったのは、「つながり」社に恨みを持つ、「つながり」の元従業員だったことが確認できたそうです。

 報告によると、この「元従業員」がサイトの改ざんを行ったのは2019年12月下旬のこと。当時「元従業員」はまだつながり社に在籍しており、経営陣との意見対立から、同社への嫌がらせを目的として、虚偽のメッセージなどを掲載したといいます。また退職後も、2020年2月中旬までこうした改ざんを続けていました。

 なお「元従業員」は在籍中、サイトのアカウント管理を担当しており、同社は退職後もパスワードを変更していなかったとのこと。このため「元従業員」は退職後も以前のパスワードを使用し、数回にわたって不正アクセスを行っていたといいます。


「つながり」側は今後「元従業員」に対し責任を追求

 今後については、「つながり」社は「元従業員」に対し、民事および刑事での責任追及を行う予定とのこと。一方、フュービック側は「元従業員」に対し「スタッフ、並びに他加盟店企業様の名誉を著しく毀損した悪質な犯罪行為として、到底容認できるものではございません」としつつも、「元従業員」がまだ若く、真摯に謝罪していることから、今回は謝罪を受け入れ、法的措置などは控えるとコメントしています。

 今回の件を受け、Dr.ストレッチでは再発防止のため、セキュリティや従業員の労務環境保持といった監査体制を加盟店にも義務付けていくとのこと。最後に「この度は、多くの皆様に大変なご心配とご迷惑をおかけいたしましたことを、あらためて深く陳謝いたします。大変申し訳ございませんでした」と謝罪し、報告を締めくくっています。

 なお、なぜ2019年12月から現在まで改ざんに気づかなかったかについて「つながり」社に問い合わせましたが、詳細については現在調査中で、後日同社側からも詳しい報告を発表する予定とのことでした。


【3月13日追記】「つながり」社が声明を発表、「元従業員」の供述内容も

 3月12日、「つながり」社代表取締役社長・間宮秀樹氏のコメントが公開されました。不適切な内容が掲載されたことを謝罪するとともに、事件の経緯について説明しています。



 「元従業員」による犯行であることが確定したのは3月10日16時頃。「元従業員」本人から「やったのは僕です。こんな騒動になってしまうとは思いませんでした。言わなきゃいけない、謝らなきゃいけないと思って電話しました」という趣旨の電話があり、改ざん行為の子細が語られたといいます。

 「元従業員」に対する聴取の結果、改ざん行為は退職以前(2019年12月末〜2020年1月中旬)から行われており、退職後にも外部から何度か不正アクセスし、より注目を浴びるような内容に書き換える操作をしていたとのこと。

 ドクターストレッチの名称を用い、執行役員の名をかたった理由については、「その方が注目を浴びやすいと考えたから」と供述しているといいます。

 「つながり」社は「これら一連の違法行為が許されるはずもなく、弊社と致しましては、刑事と民事の双方において、元従業員の責任を追求していく所存です」と、責任追及の意思を改めて示しました。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/20/news075.jpg 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  2. /nl/articles/2110/19/news191.jpg 【その視点はなかった】古参オタクがネタバレしないのは、優しさではなく単に「初見にしか出せない悲鳴」を聞くために生かしているだけなのでは説
  3. /nl/articles/2110/19/news190.jpg 亀田家の末っ子が「ずっとしたかった鼻整形」公表 「パパは了承すみ?」と父・史郎を気にかける声殺到
  4. /nl/articles/2110/20/news101.jpg 中尾明慶、“新しい家族”の誕生にもう「超カワイイ」 6万円超の赤ちゃんグッズ代にも満面の笑顔 「喜んでくれたらいい」
  5. /nl/articles/2110/20/news089.jpg 保田圭、転倒事故で“目元に大きな傷”を負う 「転んだ時に手をつけなかった」痛々しい姿に心配の声
  6. /nl/articles/2110/19/news043.jpg 「学校であったつらいこと」を市役所に相談したら対応してくれた――寝屋川市のいじめ対策が話題、監察課に話を聞いた
  7. /nl/articles/2110/20/news081.jpg 篠田麻里子、前田敦子とともに板野友美の出産祝い 赤ちゃん抱っこし「こんな小さかったっけ〜ってもう懐かしい」
  8. /nl/articles/2110/19/news188.jpg ポンと押すだけで転売対策できる“転売防止はんこ”登場 「転売防止に役立つハンコは作れませんか?」の声から商品化
  9. /nl/articles/2110/18/news113.jpg 「ちびちゃん自分で書いたの?」 賀来賢人、“HAPPY”全開なイラストへ反響「愛情かけて育てているのが伝わります」
  10. /nl/articles/2110/19/news139.jpg 梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる