ニュース
» 2020年03月12日 19時30分 公開

しゃべる黒猫の古本屋さんと、ワケあり本を探す女子高生 ちょっと不思議であったかい漫画「古本 宵待書房」 (1/2)

ホロリと来る……。

[Tomo,ねとらぼ]

 しゃべる黒猫が経営する古本屋を訪れた、ある本を探している女子高生。漫画「古本 宵待書房」が、心にしみる物語です。作者は創作漫画を描いているしば太(@48ta0605)さん。

 舞台は「クロモノ」と呼ばれる不思議な生き物と、人間が共存する街。その街にある古本屋「宵待書房」に女子高生のハルモが訪れます。店主はなくなった飼い主から店を継いだ、しゃべる黒猫の半月。ハルモが探している本はアングラなエログロ漫画家の絶版本で、なかなか見つからないのだといいます。半月と親しい漫画家の葵によれば、「ワケありのレア本」なのだとか。

街へ来たばかりのハルモはしゃべる黒猫にびっくり

 やがて半月に、探している本は、幼いころに離婚して亡くなった父親の作品だと打ち明けるハルモ。こっそりと古本屋で集めているけれど、最後の一冊だけが見つからずずっと探しています。その一冊はハルモが生まれたあとで出版された本。「お父さんは私が生まれた時どう思ったんだろう」――その本になにか一言でも自分のことが書いてあれば、そんな思いで彼女は探していたのです。

ハルモが本を探していた理由は――

 そんな矢先、探していた本を葵が見つけ出してきます。いざ手に取ってみると、もし自分のことが何も書かれていなかったら、と読むのが怖いというハルモ。勇気を出してページを開くとそこには――。

 ハルモが求めていた問いへの「答え」と彼女の名前の由来。そこに込められていた思いに、じんわりと胸が温かくなります。父親がハルモにいつか伝えたいと思っていた「いてくれてありがとう」。ハルモも同じ思いをこの本に抱いたのではないでしょうか。宵待書房にいて、父親の思いを伝えてくれたことにありがと、と。

 「本と人の数だけ無限の組み合わせの出会いと思い出がある」。最後に葵はそう言いました。古本は、書いた人だけでなく「持っていた人」の思いも込められています。そんな本との出会いが詰まった、どことなく緩やかな時の流れを感じる雰囲気の古本屋さんに、面倒見のいい黒猫の店主。本当にあったら訪ねてみたいという気持ちになるお話です。

 このお話はpixivでも公開されており、紙の同人誌としても販売されています。また未公開のお話を一緒に収録した電子書籍もBoothで販売されています。

「古本 宵待書房」1話

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  9. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐