ニュース
» 2020年03月13日 19時00分 公開

「いつでも原稿合宿」「みんなでテレビゲーム」 同人女4人のシェアハウスでの暮らしを描いた漫画がめちゃくちゃたのしそう

シェアハウスのおかげで原稿も落とさなくなったとのこと。

[ねとらぼ]

 同人女4人で暮らすシェアハウスの様子を描いた漫画が「めっちゃ羨ましい」「(シェアハウス)考えてみようかな」といった感想を集めています。漫画には、「いつでも原稿合宿ができる」「パーティが行われる」など、たのしい暮らしぶりが描かれています。

シェアハウス漫画 「毎日楽しい」というシェアハウスの暮らし

 漫画を公開したのは、Twitterユーザーの後堂さん(@gd_prn)。シェアハウスには、後堂さんを含め4人が生活しています。4人の共通点は、同人誌を書いている“同人女”かつ、BLを愛好する“腐女子”であること。同人女シェアハウスにはメリットとデメリットがあるといい、漫画ではその両方を紹介しています。

 腐女子4人で暮らすメリットの最初に上げられているのは、いつでも同人誌の原稿が描けること。作画中の自分の後ろを誰かが通っても大丈夫という安心感は、他ではなかなか得難いものです。

シェアハウス漫画

 また、同居人に同人イベントの売り子を頼むことも可能。広い会場や駅などで待ち合わせすることもなく、玄関から一緒に会場に行けるのは、同居しているからこそのメリットです。

 シェアハウスでは、みんなで唐揚げポテトパーティーをしたり、テレビゲームをしたり、同人以外の楽しみも。1人暮らしでは相手がいない故にできないことも、家の中にいる人に呼びかければすぐにできてしまいます。これはうらやましい……!

シェアハウス漫画

 このほかにも、趣味が同じならではのメリットはたくさんある様子。一方で、デメリットも「強いて言うなら」としつつもあるそうです。

シェアハウス漫画

 数少ないデメリットは、推しや、作品に対する解釈が違う故の「宗教戦争」が勃発することと、「締切が迫ってるのに原稿しない人」の肩身が狭くなること。後者は、「この家に来てから新刊を一度も落とさなくなりました」という後堂さんの言葉からすると、むしろメリットなのでは……? と思いますが、ゲームをしている後ろから「人としてどうかと思う」という声が聞こえてくるのはなかなか恐怖感がありますね。

シェアハウス漫画

 後堂さんはシェアハウスの暮らしを「毎日楽しいです!」としつつ、「大きい人生選択の一つになると思いますので軽率には言えませんが、選択肢の一つとして考えてみるのもまた楽しいかと!」と、その魅力を語っています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン