ニュース
» 2020年03月13日 19時30分 公開

トイレットペーパーはタイムマシン? トイレから始まる非日常を描いた漫画に引き込まれる 「SCPみがある」「素晴らしいSF」

トイレットペーパー買い占め問題、真の狙いはもしや……?

[ねとらぼ]

 紙製品の買い占めにまつわるニュースが世間を騒がせる一方で、トイレットペーパーで時間をさかのぼれるという真実を知る人はそう多くありません。日常の象徴ともいえる“トイレ”を入り口に、不思議な時間旅行が始まる漫画をご紹介します。




 主人公は漫画家の女性。締め切りに追われ、ぼーっとした頭でトイレに入ったため、トイレットペーパーを前後逆向きで補充してしまいます。「直すのもめんどいし」と、そのまま紙を使用してトイレを後に。

 すると奇妙なことが起こりました。作業途中だった原稿が真っ白になっているのです。保存したはずのバックアップも存在せず、なぜか作業履歴まで消去されています。

 「なんかのバグかなあ」「作品ごと消えてたら吐いてたよ」とヘコみつつも、アニメを見て元気になった女性はどうにか作業を再開します。


「lowlife」

ぼーっとしながらトイレに入る漫画家の女性

うっかり前後逆向きにトイレットペーパーを装着してしまいます

トイレから戻ると、進めていた原稿が真っ白に……

 ところが、再びトイレに立った女性を同じ悲劇が襲います。「もおおおお時間ないのに」と嘆きながら時計を確認すると、あれ、思ったよりも経過してない? それどころか時間が戻ってる……?

 タイムトラベルに気付いた女性は検証を開始。トイレの中でさまざまな行動を取り、時間が戻っているか試します。原因を絞り込んだ結果、どうやら秘密は最近買ったトイレットペーパーホルダーにあるもよう。トイレットペーパーを逆に装着することで、時間をさかのぼる力が発動するようです。

 偶然とはいえせっかく手にしたタイムマシン。女性はささやかな私利私欲のために使おうと決めました。


時間が戻ってる

対照実験でタイムトラベルのきっかけを探ります

トイレットペーパーホルダーが鍵

私利私欲のために使ったろ

 タイムマシンを使い、締め切りまでの時間を何度もループし続ける女性。これなら膨大な時間をかけて考え抜いた名作が誕生する……と思いきや、性格が反映された怠惰な生活がだらだらと続くのみ。「すごい…すごいぞ私 無限に仕事しない!!!」


さらなる検証を重ねます

すごいぞ私

無限に仕事しない!!(わかる)

トイレットペーパーホルダーにはさらなる機能が

 また、このトイレットペーパーホルダーは、壁に設置する向きによって未来やパラレルワールドにも行けると判明。今の自分とは異なる生き方を体験できるかも、という期待に反して、記憶やスキルがないまま「アイドル」や「殺し屋」になっても何もできず、「人生は積み重ね」という教訓を胸にもとの世界に帰還します。

 女性は結局、ここぞというタイミング(アニメを見逃したときとか)までタイムマシンを封印すると誓い普通の生活に戻ったのでした。


今度はパラレルワールドへ

並行世界ではアイドルや殺し屋に

こうしてタイムマシンは本来の役目に戻ったのでした

SCP好きをワクワクさせるノートも公開

 作者は漫画家のkashmir(@picnic2kashmir)さん。白泉社『楽園』誌上にて連載中の『ぱらのま』は、残念なお姉さんの小旅行を描いた作品。今回ご紹介した漫画と同じく、“日常と隣り合わせの非日常”を堪能できます。


画像提供:kashmir(@picnic2kashmir)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  9. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐