ニュース
» 2020年03月13日 07時30分 公開

本当にこれ終わるのか!? “1年で1ページだけ進む漫画”が1年ぶりに投稿されて読者の生きる糧になる

続きはまた来年。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 「1年で1ページだけ進むマンガの世界」という冗談のようなタイトルの連載漫画が、本当に1年に1ページしか進みませんでした。作者は漫画家のキドジロウ(@timberdoor)さん。連載の意味は間違っちゃいないけども……!


異世界 連載漫画


 とある女騎士が放り出されたのは「1年で1ページだけ進むマンガ」の世界。「企画倒れ感が半端ない」と、剣のように鋭利なツッコミを入れる女騎士ですが、対する魔王は「ククク……創造主(作者)の力を信じろ」と、案ずることはないと言います。

 そして戦うよりまず、この企画についての是非を問い続けていくうちに、なんとコマが足りなくなってしまいます。「また来年覚えてろ!!」女騎士のセリフを最後に、最初の1ページは終わってしまったのでした。


異世界 連載漫画

 漫画の世界の中だけで1年が経過するかと思いきや、驚いたことにリアルタイムで1年後に2ページ目が投稿されました。「いやこれくっっそ長えなオイ!!」――漫画の世界で1年間待ち続けた女騎士のセリフは、読者の気持ちそのものです。魔王も「1年またぐとフォロワーさんが覚えてくれてるか不安」と、本音を漏らします。

 キャラの紹介すらないまま今年の1ページも半分が過ぎたころ、ようやく女騎士らしく魔王に剣を振り下ろしました。とはいっても「絶対これ結末とか考えてないだろ」などと、この漫画の先行き不透明なことへの不満を漏らすしかありません。そして今年もまた雑談だけで1ページが終わってしまったのでした。続きはまた来年!!


異世界 連載漫画

 メタ発言だらけの漫画の世界が1年ごとに更新されるという異例な連載スタイルで、多くの読者からも「ほんとに続いた」「生きる目的ができてしまった」などの驚きの声が届いています。

 読者だけではなく作者のキドジロウさん本人も手探りのようで、ねとらぼ編集部に対して「我ながらどうすんだマジで……と思いながら描いてますが、長い目で見守って頂けると嬉しいです」とコメントしております。来年以降も楽しみに待ちましょう!



 作者のキドジロウ(@timberdoor)さんは、漫画を担当した『嫌な顔されながらおパンツ見せてもらいたい 〜余はパンツが見たいぞ〜』の単行本が現在発売中です。



画像提供:キドジロウ(@timberdoor)さん




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.