ニュース
» 2020年03月13日 08時00分 公開

個性的な家を集めたイラスト&設定集『ものがたりの家』 見ているだけでワクワクする2冊が登場

「悪戯好きな橋塔守」や「竜使いの郵便局」など妄想がはかどる家ばかり。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 物語の舞台になりそうな家をモチーフにしたイラスト&設定集『ものがたりの家』と『ものがたりの家 II』の取り扱いが、ヴィレヴァンオンラインストアで始まりました。

ものがたりの家 ものがたりの家

 作者はイラストレーター&背景グラフィッカーの吉田誠治さん。9つの個性的な家を、水彩画風のイラストと詳細な設定で紹介している同人誌になります。

 登場する家は「悪戯好きな橋塔守」「凝り性な時計師」「失われた書物の図書館」「竜使いの郵便局」など妄想がはかどるものばかり。映画のワンシーンのような、独特な雰囲気が伝わってきます。

 A4変形(W210×D210mm)24ページで価格は各1320円(税込)。3月中旬〜下旬の発送を予定しています。

ものがたりの家

ものがたりの家 悪戯好きな橋塔守の家
ものがたりの家 細かい設定や立体的な間取りが掲載されています
ものがたりの家 階段堂書店
ものがたりの家 寡黙な整備士の別荘
ものがたりの家 凝り性な時計師

ものがたりの家 II

ものがたりの家 ものがたりの家 II
ものがたりの家 水車小屋のリンゴ酒
ものがたりの家 憂鬱な灯台守
ものがたりの家 失われた書物の図書館
ものがたりの家 竜使いの郵便局

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.