ニュース
» 2020年03月14日 15時10分 公開

ポケGO、オンライン対戦「GOバトルリーグ」歩かず参加可能に 新型コロナウイルス対策で一時変更

「トレーナーバトル」の参加要件も緩和。

[ねとらぼ]

 スマホゲーム「Pokemon GO(ポケモンGO)」を運営するNianticは3月14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、一時的に対戦機能を変更したことを明らかにしました。一部機能が外に出なくても楽しめるようになります。

 これまでオンライン対戦「GOバトルリーグ」に参加するには一定距離を歩く必要があるとされていました。しかし、新型コロナウイルスの影響で外出が難しくなっている状況を受け、この要件は撤廃に。 GOバトルリーグのシーズン1は日本時間3月14日早朝からとなっています。

GOバトルリーグのシーズン1開幕

 またフレンドと対戦する「トレーナーバトル」では、仲良し度が親友以上でなければ離れた場所のフレンドと対戦できませんでしたが、こちらも要件を緩和して、仲良し度が「友達」以上であれば対戦申請できるようになりました。

 これらの変更は、世界的な状況に応じて30日間続く可能性があるとのこと。

 ポケモンGOではこれまでにも日本、韓国、イタリアで3月のコミュニティ・デイを延期するなどの新型コロナウイルス対策を導入しています。また「おこう」半額と効果時間 2倍のボーナス、無料でGOバトルリーグに参戦でき、報酬に伝説のポケモンも登場するボーナスを3月19日まで延長することを明らかにしています。

なお3月15日に予定されていたケーシィのコミュニティ・デイは延期に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.