メディア
ニュース
» 2020年03月16日 07時30分 公開

地味だけと楽しい「散歩」の魅力を描いた漫画に共感の声 「めっちゃわかる!」「これ見て散歩行きたくなった」

用もないのに、思わずうろつきたくなります。

[鈴木伊玖馬,ねとらぼ]

 「かなり地味ではあるのだが、私の趣味は散歩だ」――そんなコマから始まる「散歩の漫画」がじんわりと楽しそうで、多くの人から共感を集めています。


photo この散歩はしてみたい……!


 作者の健康な歯(@reitou_pasta)さんの趣味は“散歩”。確かにこれだけだと地味に聞こえるのですが、漫画を読むとなぜか「楽しそう……!」と思えてくるから不思議です。


photo

photo

 漫画では健康な歯さんなりの「散歩の楽しみ方」をレポート形式で紹介。まず、移動先は「できるだけ縁のない場所」「用もなくうろついているのは自分だけと思われる場所」を選びます。食事もどうせなら「ここにしかなさそうなお店がいいな」……と思いますが、見知らぬ土地で見知らぬお店に入るのはなかなかハードルが高く、結局「日高屋みたいな中華」に入ってしまったり。でも、普段自分が見ないようなテレビ番組が流れていたり、見知らぬ人と同じ空間を共有できるのが面白いといいます。


photo

photo

 お腹がふくれれたら、ふたたび散歩へ。目的地もないので、直感で良さそうな雰囲気のする方向に歩きます。道中では主に建っている住宅などを鑑賞。アパートを見て、自分がそこに住んだ時の様子を想像したり、戸建ての造形を純粋に楽しんだり。とはいえ他人の家なので、あくまでチラ見で済ませます。他にも街中にある“よくわからないもの”を見たり、普段は聞かない音楽を聴いたりしていると、気づけばもう夕方に……。


photo

photo

photo

photo

 散歩から戻ると、反動でグッタリしてしまう時も多いといいます。しかし「それを差し引いても散歩は超楽しい!」と健康な歯さん。Twitterでは「とてもわかります」「平和を感じるのがいいですよねぇ」「これ見て散歩行きたくなった」といった共感の声が相次ぎました。

 今後、健康な歯さんの散歩漫画は「ナンセンスダンス」でも公開されるそうです。




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.