ニュース
» 2020年03月16日 18時36分 公開

「どうのつるぎと皮のたてを買ったら何ゴールド残る?」ドラゴンクエストの算数ドリルが子どものレベル上げにぴったり

小学生に戻りたいな……。

[ねとらぼ]

「タシザーン王にもらった150ゴールドで、どうのつるぎ皮のたてを1つずつ買いました。のこりのお金は何ゴールドでしょう」

 武器屋で効率よく装備を整え、被害を最小限に抑えながら魔物と戦う――。魔王討伐の必須スキル「さんすう」を学べる勇者の書『ドラゴンクエストゆうしゃドリル 小学校低学年向け算数編』が春休みのレベル上げにぴったりです。




 Twitterで話題沸騰中の同書は、「ドラゴンクエスト」にちなんだ問題で算数を学べる小学校低学年向けドリル。冒険の醍醐味といえる“装備の買い物”や、「何回のメラでドラキーを倒せるか」といったダメージ計算など、ゲームを遊んでいるような感覚で楽しく解き進められます。

 中には「スライムは8体集まると合体してキングスライムになる」「スライムが○体いた場合、キングスライムは何体になるか」といったおなじみの光景を落とし込んだ問題も。割り算の知識に加えて“中盤のマップにスライムが現れたら怪しいと思え”といった危機察知能力まで身に着きそうです。




 『ドラゴンクエストゆうしゃドリル 小学校低学年向け算数編』は980円(税別)。反響を受けて3月16日現在は一時品薄の状態が続いていますが、3月下旬ごろより書店やオンラインストアに順次出荷予定とのこと。

 なお現在は低学年向け算数編のみの刊行ですが、スクウェア・エニックス「ドラゴンクエスト」プロデューサーの青海亮太氏は「現在、他の学年や漢字編なども企画検討中です」とコメントしており、さらなる冒険が幕を開ける日も近いかもしれません。





(C) ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.




Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.