ニュース
» 2020年03月18日 19時30分 公開

家族に忍び寄る不穏な存在 あの世のお姉ちゃんが守ってくれたと思ったら…… 斜め上のオチに涙が引っ込む漫画

最大の謎はマキ姉ちゃん。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 小さな女の子が描いた家族の絵に思わぬものが……泣ける展開かと思ったら、ラストで涙が一瞬で引っ込む漫画が人気です。作者はイラストレーターの茶んた(@Chanta_in_inari)さん。タイトルは『ちょきちょきさん』です。

遊戯王 シックスセンス ちょきちょきさんはとても怖い人だという……

 お絵描き好きのえみちゃんに、ママが「今日は何を描いてるのかな?」と尋ねると、「家の中のみんなを描いてるの」とお返事。紙にはえみちゃん、ママとパパ、もう一人の子ども、それにハサミのようなものを持った黒い影と、曲がりくねった線だけの何かが描かれていました。

遊戯王 シックスセンス

 えみちゃんは黒い影のことを“ちょきちょきさん”と言い、はさみでちょきちょきしながら追いかけてくる怖い人と教えてくれました。えみちゃんはさらに、「でもねー、マキお姉ちゃんが助けてくれたの」と不思議なことを言います。えみちゃんが描いていたもう一人の子ども、それがマキお姉ちゃんでした。しかしマキちゃんは3年前に病気で他界しています。マキちゃんが「ずっと見ててくれた」というえみちゃん。お姉ちゃんがちょきちょきさんから妹を守ってくれたのでしょうか……。

遊戯王 シックスセンス
遊戯王 シックスセンス
遊戯王 シックスセンス

 ママはもうひとつの絵についても恐る恐る尋ねます。するとえみちゃんはこう答えたのです。

 「ヘルカイザードラゴン」

 しんみりモードから突然の遊戯王!? 「なんで地獄の竜が我が家に!?」と驚くママに「お姉ちゃんが連れてきた」とえみちゃんは平然と答えますが、反対にママは気が動転してしまいます。まさか天国に見送ったはずの娘が地獄に堕ちたなんて……。ところで「ちょきちょきさん」はどうなったの?

 しかしこの話はまだ終わりません。また家の中のみんなを描いていたえみちゃんの元に、今度はパパが来ました。今回もちょきちょきさんが描かれていて、ママも心配です。その上えみちゃんの絵にはもう一人女性が増えていました。「これはパパの新しいお嫁さんだよ」――ずっと“一人”でしゃべっているえみちゃんを心配したパパは、再婚を決めていました。実は今まで側にいたママも、本当は亡くなっていたのでした。

遊戯王 シックスセンス
遊戯王 シックスセンス
遊戯王 シックスセンス

 ようやく自分が死んでいると自覚したママの元に、マキちゃんが迎えに来ました。「さあ、ヘルカイザードラゴンに乗って!」。ヘルカイザードラゴンを連れてくることができるマキちゃん、地獄で何をしているの……?

遊戯王 シックスセンス

 亡くなったお姉さんが密かにえみちゃんを守っていた……という泣ける物語かと思ったら、オチですべてを持っていくヘルカイザードラゴン。タイトルで存在感を放っていたはずのちょきちょきさんがどうなったかというと、作者は読者へのリプライで「たぶん消し炭になった」と投稿しています。ヘルカイザードラゴンの圧勝……!

 漫画には「展開急すぎて草」「ヘルカイザードラゴンに全てを持ってかれるちょきちょきさん」「お姉ちゃん&ヘルカイザードラゴンに拮抗するちょきちょきさん強い」など、ちょきちょきさんへの哀悼のリプライが寄せられています。

画像提供:茶んた(@Chanta_in_inari)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  9. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐