ニュース
» 2020年03月18日 08時00分 公開

レゴブロックは海に捨てると1300年間消えずに漂うかも 海洋汚染につながる可能性を研究者が示唆

マイクロプラスチックに分解されて、海洋汚染につながる可能性を示唆。

[関口雄太,ねとらぼ]

 レゴブロックを海に捨てると最大で1300年間、消えることなく漂うかもしれないと英プリマス大学の研究チームが発表しました。海洋汚染の可能性があるとして、処分方法に気を配るべきだと注意を呼びかけています。


レゴブロックは海洋汚染の可能性があると研究発表 1300年間消えない可能性も おもちゃとしての耐久性に優れる一方で、処分方法には注意が必要(画像は英プリマス大学より)

 この実験では、南西イングランドのビーチで回収された50個のABS製レゴブロックを調査。風化した状態のブロックを洗浄した後、スタッド(パーツをつなぐ部分)を含むサイズを計測します。そして蛍光X線分析という技術を活用し、ブロックの経過年数を確認しました。

 1970年代および80年代に購入された未風化のブロックと比べて、摩耗の度合いを識別し、海洋環境でどれほどの期間ブロックが耐えられるかを推定しました。その結果、100年から1300年は残り続ける可能性があるとしています。


レゴブロックは海洋汚染の可能性があると研究発表 1300年間消えない可能性も 残り続ける期間は最大で1300年間(画像は英プリマス大学より)

 また、ブロックは破損しただけでなく、滑らかになり、色が落ちている部分もありました。そのことから、マイクロプラスチック(微小なプラスチック粒子)に分解されてしまった可能性が考えられます。マイクロプラスチックは一般的に、海洋汚染を起こす問題とされており、日本やその他の国で、発生量の抑制や回収が試みられています。

 なおこれまでの調査で、海にレゴブロックが捨てられる原因は、ビーチへ遊びに来た人が落とすことや家庭廃棄によるものだと指摘されています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/24/news111.jpg 加藤貴子、義父母&実母との共同生活をスタート リノベーションに引っ越し、子どもの転園で「この半年間は怒濤」
  2. /nl/articles/2106/24/news082.jpg 広田レオナ、肺がん手術後の激細姿に焦り「痩せないようにもっと努力します」 面やつれには不安「顔も結構ヤバい」
  3. /nl/articles/2106/24/news092.jpg 伊藤かずえ、愛車「初代シーマ」と約1カ月ぶりの再会 バラバラな姿に戸惑いも「こんな形のシーマを見るなんて」
  4. /nl/articles/2106/23/news136.jpg 整形男子・アレン、500万円かけた差し歯に深刻なトラブル 「放心状態です」「高額な費用が掛かってくる」
  5. /nl/articles/2106/23/news011.jpg 大きな馬の顔からひょっこりのぞいているのは…… やんちゃな子猫をかばう優しい馬の光景に癒やされる
  6. /nl/articles/2106/24/news164.jpg がん闘病の大島康徳、退院を報告 1週間ぶりに会う妻らに感謝「皆、皆 ありがとう」 
  7. /nl/articles/2106/23/news036.jpg 数年ぶりに「ポケGO」再開したら神ゲーになってた 復帰組による布教漫画に「やりたくなった」「私も再開した」
  8. /nl/articles/2106/24/news088.jpg 南明奈と濱口優、約2週間ぶりにインスタ更新 「しっかりご飯食べてしっかり寝て元気です」「夫婦で笑顔で過ごそうと思います」
  9. /nl/articles/2106/23/news129.jpg 【そんなことある?】お腹が出てきたので検査したら「まぁ脂肪ですね」「ただそれとは関係ないけど妊娠してますね」と言われた話
  10. /nl/articles/2106/24/news150.jpg 渡辺満里奈、長女の11歳バースデーに“パパそっくり”な赤ちゃん写真公開 「おめめパッチリ!」「そのまんまだ」

先月の総合アクセスTOP10